ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

建設工事及び建設関連業務委託の発注・施工時期の平準化について

2021年02月24日掲載

建設工事及び建設関連業務委託において、ゼロ債務負担行為や繰越明許費を活用した早期発注を行います。


富士市では、建設工事及び建設関連業務委託の発注・施工時期の平準化により、地域の担い手となる建設業者の経営の効率化及び安定化、公共工事及び業務の品質確保を図ることを目的として、ゼロ債務負担行為や繰越明許費を活用した発注を行います。

令和2年度発注予定

ゼロ債務負担行為とは

新年度に行う建設工事及び建設関連業務委託に債務負担行為を設定し、現年度中に入札、契約を締結することにより、新年度早々に工事及び業務への着手を可能とするものです。
現年度は事務手続きのみで、支出はゼロのためゼロ債務負担行為と呼んでいます。

発注方法について

通常の富士市発注案件と同様に、公告・入札を行います。

前払金について

前払金の請求時期は、令和3年4月1日以降となります。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

契約検査課契約担当(市庁舎7階南側)

電話:0545-55-2727
ファクス:0545-53-0909
メールアドレス:za-keiyakukensa@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る