ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

納税管理人を定める・取りやめる場合

納税管理人とは

 固定資産税の納税義務者が、海外転出や長期の病気療養などの理由で納付が困難な場合、納税義務者の代わりに納税の管理を行う方です。
 納税通知書は、納税管理人あてに送付されます。

納税管理人を定める届出について

 納税管理人を新規に定める、もしくは変更する場合は届出が必要です。
 なお、新規もしくは変更後の納税管理人の住所が、富士市内の場合と市外の場合とで、異なる書類を使用しますので注意してください。

納税管理人の住所が富士市内の場合

 「納税管理人(変更)申告書」を提出してください。

納税管理人の住所が市外の場合

 「納税管理人承認(変更)申請書」を提出してください。

納税管理人を取りやめる届出について

 「納税管理人を定めないことの申請書」を提出してください。

マイナンバー(個人番号)・法人番号の記載と本人確認について

各書類中のマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載と本人確認については、下記ページを参照してください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

資産税課(市庁舎3階南側)

電話:0545-55-2743 
ファクス:0545-51-0445
メールアドレス:za-sisanzei@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る