ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

子宮頸がん

2021年12月01日掲載

定期接種の積極的勧奨の再開について

 子宮頸がんを予防するHPVワクチンの予防接種は、平成25年4月1日の改正予防接種法の施行で、小学校6年生から高校1年生(標準的接種年齢は中学1年生)の女子を対象とする定期接種に位置づけられましたが、当時ワクチンとの因果関係を否定できないと思われる副反応が見られたことから、平成25年6月14日付で、厚生労働省より積極的勧奨の一時差し控えが勧告されました。そのため、本市においても個別の接種勧奨を見合わせていました。
 令和3年度第22回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、最新の知見を踏まえ、改めてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたことから、令和3年11月26日をもって差し控え勧告が廃止となりました。
 個別の勧奨については、接種実施医療機関における接種体制の整備等を進め、基本的に令和4年4月から順次実施するとされていることから、実施に向け準備をすすめてまいります。
 なお、令和3年度中の接種を希望される方は、下記を御参照ください。

 HPVワクチンに関する詳しい情報は、厚生労働省のホームページを御覧ください。

予診票の交付

接種を希望する人は母子健康手帳を持ち、フィランセ西館1階受付にお越しください。予診票を発行します。

子宮頸がん予防ワクチン

 子宮頸癌は、発癌性ヒトパピローマウイルス(HPV)の持続的な感染が原因となって発症します。HPVに感染してもほとんどの場合、ウイルスは自然に排除されてしまいますが、ウイルスが排除されずに長期間感染が続く場合があり、その一部が数年から十数年かけて前がん病変の状態を経て子宮頸癌が発症します。
 HPV未感染者(学童女子)を対象とした海外の報告では、感染及び前がん病変予防効果に関して、ワクチンの高い有効性が示されていますが、HPV感染者には有効性が低いことから、初回性交渉前に接種することが推奨されています。

対象年齢

小学6年生から高校1年生相当年齢の女子 (標準的接種年齢 中学1年生)
※小学6年生は他市などで接種を開始して転入してきた者に限る

実施場所

個別予防接種実施医療機関
(こどもの予防接種実施医療機関一覧をご覧ください。)

接種回数

 サーバリックス®、ガーダシル®どちらのワクチンも同じワクチンを計3回接種することになっています。ワクチンの種類によって接種の間隔が違います。(どちらも不活化ワクチンです。)

ワクチンの種類 サーバリックス®(2価) ガーダシル®(4価)
予防できるHPVの型 16型、18型 16型、18型、6型、11型
接種回数 3回 3回
接種スケジュール 2回目:初回接種の1か月後
3回目:2回目接種の5か月後
2回目:初回接種の2か月後
3回目:2回目接種の4か月後

ワクチンの副反応について

 国内の添付文書に記載されている副反応としては、注射部位の疼痛(83から99パーセント)、発赤(32から88パーセント)、および腫脹(28から79パーセント)などの局所反応と、軽度の発熱(5から6パーセント)、倦怠感などの全身反応がありますが、その多くは一過性です。
 販売開始から平成30年8月31日までに医療機関から副反応の疑い例として報告されたうちの重篤症例の発生頻度は、サーバリックスは10万接種当たり7.7、ガーダシルは10万接種当たり9.7とされています。

相談窓口

国と県に相談窓口が設置されています。子宮頸がん予防ワクチンの接種について相談することができます。

お問い合わせ

健康政策課健康推進担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-9023 
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る