ごみの出し方へ

くらし・手続

小型家電の出し方

小型家電を回収しリサイクルしています

 平成25年4月から集積所に出された小型家電をリサイクルしています。今まで埋立ごみとして処分していた小型家電をリサイクルすることで、ごみの減量、資源の有効利用及び環境保護につなげていきます。

対象品目

対象品目は下記のとおりです。原則として電源(コンセント、電池など)が必要なものが対象となりますが、一部対象外のものもあります。詳しくは下記の「小型家電として回収できないもの」をご覧ください。

携帯電話やメモリーカードなど個人情報が気になる機器については市内6箇所に専用の回収ボックスをご用意しています。詳しくは下記をご覧ください。

資源物集積所で収集するもの

月1回の埋立ごみの日に資源物集積所に出してください。
小型家電の回収についてはパッカー車にて行います。回収された小型家電は再資源化施設にて破砕・選別され、素材としてリサイクルされます(製品のまま再使用することはありません)。そのため、パッカー車で回収した時点で粗破砕されますが、リサイクルへの問題にはなりません。
小型家電を集積所に出す場合は、他の埋立ごみ(ガラス製品など)と混ぜて出さず、小型家電は小型家電で分別して出してください。

アイロン イメージスキャナ 温水洗浄便座 加湿器
カラオケ機 空気清浄機 健康家電 ゲーム機
ゲーム用コントローラー コンポ コーヒーメーカー 浄水器
炊飯器 扇風機 掃除機 DVDプレーヤー
電気蚊取り 電気スタンド(注1) 電気ポット ドライヤー
ビデオカメラ ビデオデッキ 美容家電 ファックス機
複合機 プリンタ ヘッドホン テーププリンター
ポータブルテレビ(注2) 無線機 ラジオ ラジカセ
各種リモコン ルーター 電話機 ワープロ

注1…電球は取り外し、埋立ごみとして処分してください。
注2…電源として一次電池(使い捨ての電池)または蓄電池を使用する液晶テレビや車載用液晶テレビを指します。

表に無いものでも回収できる場合があります。判断に迷うものがあれば環境クリーンセンター(0545-35-0081)にお問い合わせください。

専用回収ボックスで回収するもの

個人情報等が記録される機器については、集積所での回収のほかに下記の公共施設に設置してある専用回収ボックスでも回収しています。各施設が開いている日時であればいつでも利用可能です。専用回収ボックスの投入口に入らないものは集積所に出してください。

専用回収ボックスを利用する場合でも機器に登録された個人情報等は排出者の責任で内容を消去してから出してください。

携帯電話 デジタルカメラ タブレット端末 電子書籍端末
ポータブルゲーム機 ポータブル音楽プレーヤー 電子辞書 ICレコーダー
USBメモリー 各種メモリーカード ハードディスク プリント基板

回収ボックス設置場所

注1…持ち込みごみの受入時間帯のみ利用可能です。詳しくは下記の関連リンクをご覧ください。

(写真)高品位小型家電回収ボックス

小型家電として回収できないもの

家電リサイクル法対象品目(テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコン)

新品購入時に販売店に引き取ってもらうか、(株)篠原産業(中里2608-43 電話0545-32-2160)に処分を依頼してください。どちらの場合でも法律で定められたリサイクル料金が必要です。

ただし、業務用製品を家庭で使用していた場合は、(株)篠原産業で引き取ることができません。フロン類充填回収業者に相談し、適切なフロン回収を行った後に環境クリーンセンターまで直接お持ち込みください。
フロン類充填回収業者の一覧は、下記の「フロン類が封入されている家庭用機器の出し方」を参照してください。

電気毛布、電気カーペット、スピーカー(電源のないもの)

従来どおり、埋立ごみとして出してください。(小型家電と回収日は同じですが、小型家電と分けて出してください)

パソコン

パソコンについては集積所や専用回収ボックスでの回収は行っておりません。環境クリーンセンターへの持ち込みに限り無料で引き取ります。なお、平成15年10月1日以降に販売され、「PCリサイクルマーク」がついているものは、メーカーの受付窓口に申し込むと無料で引き取ってもらうことができます。 詳しくは下記関連リンクの「パソコンの処分方法」をごらんください。 これまでどおり、集積所での回収は行いませんのでご注意ください。

フロン類が封入されている家庭用機器の処分方法(家電リサイクル法の対象外品、家庭で使用している業務用製品)

家庭用の扇風機、除湿機、ウォーターサーバーなどの一部の製品は、フロン類(CFC、HCFC、HFC)が封入されている場合があります。
フロン類はオゾン層破壊効果や強力な温室効果を持つため、販売店や県の登録を有するフロン類充填回収業者に相談し、適切なフロン回収を行った後に埋立ごみとして出してください。

また、業務用製品(業務用冷蔵庫など)を家庭で使用していた場合は、フロン類充填回収業者に相談し、適切なフロン回収を行った後に環境クリーンセンターまで直接お持ち込みください。

県の登録を有するフロン類充填回収業者の一覧は下記のリンク先をご覧ください。

※家庭用の機器として、家電リサイクル法対象品目(テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコン)については、処分方法が異なりますので、上記の「小型家電として回収できないもの」を参照してください。