ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

Q 数年前に新築した家屋の税額が急に高くなったのですが?

Q 私は平成27年9月に住宅を新築しました。令和元年度から税額が急に高くなっているのですがなぜでしょうか?

A 新築の住宅に対しては、一定の要件に当たるとき、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分(3階建て以上の中高層耐火住宅等について、一定の要件にあたるときは5年度分)に限り、税額が2分の1に減額されます。
 今回の場合、平成28年度、平成29年度、平成30年度分について、税額が2分の1に減額されていました。しかし、令和元年度からこの減額適用期間が終了したため、本来の税額に戻りました。
 詳しくは「新築住宅に対する固定資産税の減額について」をご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

資産税課 家屋担当(市庁舎3階南側)

電話:0545-55-2744
ファクス:0545-51-0445
メールアドレス:za-sisanzei@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る