ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

大規模盛土造成地マップ

2015年03月19日掲載

背景

 平成7年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年の新潟中越地震などでは、大規模に盛土された造成宅地において滑動崩落現象による災害が発生しました。このことを背景とし、国は、平成18年に宅地造成等規制法を一部改正し、「宅地耐震化推進事業」を創設しました。
 これに伴い富士市では、「宅地耐震化推進事業」の検討を行い第1次調査として、市内に分布する大規模盛土造成地の調査に着手しました。この結果として、住民の防災に対する意識を高めていただくことを目的に「大規模盛土造成地マップ」を作成いたしました。

大規模盛土造成地

 谷埋め型大規模盛土造成地と腹付け型大規模盛土造成地があり、次のいずれかの要件を満たすものを大規模盛土造成地として位置づけています。

  1. 谷埋め型盛土造成地の要件:盛土の面積が3,000平方メートル以上。
  2. 腹付け型盛土造成地の要件:盛土する前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5メートル以上。

谷埋め型大規模盛土造成地及び腹付け型大規模盛土造成地のイメージ図

宅地耐震化推進事業

 平成19年度より検討に入り、平成21年度から第1次調査に着手しました。市内の造成前の地形図と造成後の地形図などを重ね合わせ、大規模盛土造成地(194箇所)を抽出しました。
 使用した地図情報の作成年度
  新 平成3~21年(国土地理院地形図、富士市国土基本図等)
  旧 明治24年~昭和53年(富士市地形図、国土地理院地形図等)

大規模盛土造成地マップ

 第1次調査において抽出した大規模盛土造成地について、その概ねの位置を示す大規模盛土造成地マップを作成しました。大規模盛土造成地マップの公表を行うことによって、宅地所有者等に対して身近な大規模盛土造成地の存在を知っていただくとともに、防災意識を高めていただくことを主な目的としています。なお、大規模盛土造成地マップは、市内に分布する大規模盛土造成地のおおよその位置を示したものであり、盛土の危険度を示したものではありません。
 使用した地形図データ
  新 富士市基本図(平成12年作成)、国土地理院地形図(平成19年作成)
  旧 富士市地形図(昭和33~53年作成)、国土地理院地形図(昭和35~47年作成)

Q&A

Q 大規模盛土造成地内にある土地は危険だということですか?
A 造成前と造成後の地形図を重ね合わせた机上調査により、大規模盛土造成地の定義に該当するものを抽出しましたので、大規模盛土造成地であるからといって危険というわけではありません。
Q 大規模盛土造成地マップを公表した目的はなんですか?
A 土地所有者等に対して身近な大規模盛土造成地の存在を知っていただくとともに、防災意識を高めていただくことが主な目的です。
Q 土地区画整理事業や開発行為等の許可を受けた造成宅地も大規模盛土造成地となるのですか?
A 土地区画整理事業や開発行為等の許可を受けた造成宅地も大規模盛土造成地の定義を満たしているものは、大規模盛土造成地となります。
Q 大規模盛土造成地内の土地は、宅地造成や建築を行う場合に新たな手続きが必要ですか?
A 現時点では、大規模盛土造成地内だからといって、特別な手続きや新たな規制が生じるものではありません。今後、必要な手続きなどが生じる場合は、改めてお知らせします。
Q 大規模盛土造成地の箇所数の内訳は?
A 谷埋め型大規模盛土造成地が193箇所、腹付け型大規模盛土造成地が1箇所、計194箇所となります。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

土地対策課(市庁舎7階北側)

電話:0545-55-2796
メールアドレス:tochitai@div.city.fuji.shizuoka.jp
その他:公務遂行における質の向上等を図るため、電話でのお問い合わせについては、通話内容を録音させていただく場合があります。

ページの先頭へ戻る