ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ロタウイルス

ロタウイルスワクチンの定期接種

令和2年10月1日からロタウイルス予防接種が定期接種になりました。
令和2年8月1日以降に生まれたお子さんが対象です。

対象者・回数

  • 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん。
  • ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも口から飲む生ワクチンで同様の効果があります。いずれか同一のワクチンで接種を完了します。
ワクチン名 接種時期 接種回数
ロタリックス®(1価ワクチン) 出生6週0日から24週0日まで 27日以上の間隔をおいて2回
ロタテック®(5価ワクチン) 出生6週0日から32週0日まで 27日以上の間隔をおいて3回
  • 標準的な初回接種開始期間は、どちらのワクチンも生後2か月から出生14週6日までが推奨されています。

出生15週0日以降の接種は、安全性の観点からお勧めしていません。

注意事項

  • 接種後1~2週間は腸重積症に気をつけましょう。

腸重積症は、腸の一部が隣接する腸管にはまり込む病気です。腸の血流が悪くなることで、腸の組織に障害を起こすことがあるため、速やかな治療が必要です。ワクチン接種から1~2週間くらいまでの間は、腸重積症のリスクが通常より高まると報告されています。
腸重積症の症状としては、
「突然激しく泣く」
「機嫌が良かったり、不機嫌になったりを繰り返す」
「嘔吐する」
「血便が出る」
「ぐったりして顔色が悪い」
などがあります。これらの症状が1つでもみられた場合は速やかに医療機関を受診しましょう。腸重積症はロタウイルスワクチンの接種にかかわらず、乳幼児が罹患することがある疾患で、まれな病気ではありません。

ワクチンについて

ヒトロタウイルスを弱毒化した1価弱毒生ワクチンとウシ‐ヒトロタウイルスのリアソータント5価生ワクチンがあります。いずれのワクチンも、ロタウイルスG1P[8]、G2P[4]、G3P[8]、G4P[8]、G9P[8]に対する予防効果が示唆されています。他のウイルスに起因する胃腸炎を予防することはできません。
「予防接種と子どもの健康」から引用

ロタウイルス胃腸炎

ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、0~6歳頃にかかりやすい病気です。おもな症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛です。普通5歳までにほぼすべての子供がロタウイルスに感染するといわれています。脱水症状がひどくなると入院治療が必要になることがあります。5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち40~50パーセント前後はロタウイルスが原因です。

実施場所

市内医療機関
予診票に同封します。

お問い合わせ

健康政策課健康推進担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-9023 
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る