ごみの出し方へ

くらし・手続

燃えるごみの出し方

2018年01月04日掲載

出し方

富士市指定「燃えるごみ専用袋」に入れて、週2回燃えるごみの集積所に出してください。

指定袋は、「富士市指定のごみ袋で出されたごみは富士市民のごみ」であることを明確にするために導入しています。
ご協力をお願いします。

注意事項

燃えるごみの種類

生ごみ

生ごみの約8割は水分です。
水切りをするだけで、約8%の減量効果があります。生ごみを捨てる前に、ぎゅっとひと絞りをお願いします。

水切りの例:水切りネットに生ごみを入れ、ぎゅっと絞る。

ゴム類

ホース、長靴など

ホースのリールがプラスチック製の場合は、リールごと燃えるごみに出してください。
ホースのリールが金属製の場合は、ホースは燃えるごみ、リールは金属に出してください。

プラスチック製品(リサイクルマークがついていないもの)

(イラスト)プラスチックのリサイクルマーク

CD、DVD、歯ブラシ、ボールペン、プラスチック製のおもちゃ、プラスチック製の小物入れ、衣装ケース、スーツケースなど。

プラスチックのリサイクルマークがついていないプラスチック製品は、燃えるごみとして出してください。

衣装ケースやスーツケースなど、富士市指定袋に入らないものは、袋に入れずにそのまま出してください。

プラスチックのリサイクルマークがある製品は、プラスチック製容器包装の日に出してください。

資源物にならない紙類、布類

レシートやメモ帳など、ほとんどの紙製品はリサイクルできます。
できるだけ「古紙類」の日に資源物として出してください。

衣類は、破れていたり、しみがあったりしてもウエスの材料としてリサイクルできます。
できるだけ「衣類・ふとん類」の日に資源物として出してください。

出すときに注意が必要なもの

ジュータン、カーペットなど大きな燃えるごみ

ジュータン、カーペットは6から8等分程度の大きさに切った後、指定袋に入れて出すか、切ったものをひもでしばって出してください。
(ホットカーペットは切らずに埋立ごみに出してください。)

大きな燃えるごみは、50センチ以下に切って出してください。

竹串など、とがっているもの

安全に収集できるように、紙などに包むか、先端を短く折り、テープ等でとめてからごみ袋に入れてください。