ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

特定健診

2021年04月16日掲載

富士市の国民健康保険加入中の40歳以上の人を対象とした健診のご案内です。


令和3年度国保特定健診は、新型コロナウイルス感染防止策を講じ、5月から開始します。
国保特定健診受診券の有効期限は、12月10日までです。
今後、健診日程等を変更する場合があります。最新情報の詳細は、下記リンク「新型コロナウイルスの影響による、健診・人間ドック・脳ドックの実施状況及び受診上の注意について」をご覧ください。

【4月24日 9時よりインターネット予約受付開始】インターネット予約はこちら(集団健診会場で受けたい方)

日程については、受診券に同封の日程表をご覧いただくか、下記PDFファイルをご確認ください。

【風しんの抗体検査無料実施について】
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で風しん抗体検査クーポンをお持ちの方は、特定健診と一緒に抗体検査が受けられます。抗体検査の事前予約は必要ありません。

【がん検診の予約について】
特定健診との同時実施をご希望の方は、同日より上記リンクから予約ができますので、お申込みください。既に特定健診を申し込まれた方で、がん検診の同時実施を希望の方は、健診日の10日前までに、実施医療機関にお問い合わせください。

令和3年度 特定健診のご案内

特定健診は、生活習慣病の早期発見と重症化を予防することを目的とした健診です。
ぜひ、毎年受診していただき、ご自分の生活習慣を振り返る機会にしてください。
対象者には、4月下旬に特定健診受診券と案内を郵送しております。
令和3年度は、特定健診を受けた方全員に、健康年齢を算出します。

対象者 ●富士市国民健康保険に加入している、令和3年度40歳から74歳の人
(令和3年4月1日現在、富士市国民健康保険に加入している人には、4月末に受診券発送)
●令和3年度、新規加入者は、下記(特定健診受診券の発行について)をご覧ください。
●健診受診日当日に富士市国保の資格がある人
※富士市国保人間ドック・脳ドックを受診した人、または予約済みの人は特定健診を受けられません。
実施場所 【富士市内の実施医療機関及び富士宮市の実施医療機関】
【市内の医師会館・まちづくりセンター等】
※この表の下に添付のPDFファイル参照
実施時期 令和3年5月1日(土曜日)~令和3年12月10日(金曜日)

※医療機関によっては人数制限があります。予約受付終了の場合はご容赦ください。
※市内の医師会館・まちづくりセンター等の集団健診会場は、定員があり予約先着順です。
※お仕事などで、平日は特定健診の受診が難しい人を対象に、日曜健診を年2回(7月4日・9月12日)開催します。
※詳しい日程は、この表の下に添付のPDFファイル参照
健診項目 ●質問票による問診、診察、血圧測定、身体計測(身長、体重、腹囲、BMI)
●血液検査
脂質(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)、肝機能(GOT、GPT、γーGTP)、糖代謝(空腹時血糖、HbA1c)、腎機能(血清クレアチニン、eGFR、血清尿酸) 、貧血(赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット)
●尿検査(糖、蛋白)
●心電図
●詳細な健診項目…眼底検査(一定の基準のもと、医師の判断により実施します。)
自己負担額 500円 (自費の場合には、1万円程度かかる検査です。)
※令和2年度(令和元年1月から12月の所得)市民税非課税世帯の人は無料です。
※富士市国民健康保険の資格がなくなった日以降受診した場合、または、重複受診した場合(後から受けた健診費用)は、全額自己負担になります。
申込み方法 【富士市内の実施医療機関及び富士宮市の実施医療機関で受診の場合】
実施医療機関に事前にご予約ください。

【市内の医師会館・まちづくりセンター等をご希望の場合】
予約が必要です。申込専用電話または、インターネットでご予約ください。
※希望する日程により、実施医療機関がちがうため、申し込み先が異なります。下記の健診日程表をご確認ください。
※ウェブ予約についてはこのページ上のリンクからご確認ください。
※申込受付期間は、受診券到着から健診日の10日前までです。
受診に必要な物 国民健康保険被保険者証、特定健診受診券(4月下旬に郵送されている水色の紙)、自己負担金500円
※受診日に富士市国保の資格がない人は、富士市国保の特定健診受診券はご利用になれません。誤って受診した場合は、富士市国保の助成が受けられず、全額自己負担となりますのでご注意ください。
健診結果 【富士市内の実施医療機関及び富士宮市の実施医療機関】
受診した医療機関から受け取ってください。およそ1ヵ月かかります。
【市内のまちづくりセンター等】
健診のおよそ1ヵ月後に郵送で結果が届きます。

<注意>
●他の健康保険に加入した人は、保険証とともに特定健診の受診券を国保年金課(市役所3階北側)まで返却してください。

健診日程等については、下記PDFファイルをご覧ください。

特定健診受診券の発行について

【新規に国民健康保険に加入した人】
4月2日以降に国民健康保険に加入した40歳以上の人で、特定健診の受診を希望される場合、新規に受診券を発行します。
詳細は、下記リンクをご覧ください。

【再発行】
特定健診の受診券を紛失等した場合には、再発行ができます。受診を希望される方は、受診券を再発行しますので、申請書(下記PDFをダウンロードしてください)を窓口にご提出いただくか、お電話または電子申請にてお申込みください。
 電話:0545-55-2917

【受診券が発行できない場合】
下記の場合には、受診券を発行できません。

  • 富士市国民健康保険の人間ドックまたは脳ドックを受診した場合
  • 富士市国民健康保険の人間ドックまたは脳ドック助成券を持っている場合
  • 今年度、既に集団健診会場、または個別医療機関で特定健診を受診している場合
  • 特定健診の受診日時点で富士市国民健康保険の資格がない場合

今年度75歳になる方の受診券発送について

 今年度75歳になる方は、75歳の誕生日をもって健康保険が後期高齢者医療制度に切り替わるため、誕生月によってご案内する健診や受診券の発送時期が異なります。
 また、同一年度内に受診できるのは、国民健康保険の特定健診、または後期高齢者医療制度の健康診査のどちらか一つです。検査内容はほぼ同じですが、受診券は異なりますのでご注意ください。

誕生月 発送月 受診券の種類
昭和21年4月生まれ 4月下旬 後期高齢者 健康診査受診券
昭和21年5月~8月生まれ 各誕生月の中旬 後期高齢者 健康診査受診券
昭和21年9月生まれ 9月上旬 後期高齢者 健康診査受診券
昭和21年10月~昭和22年3月生まれ 4月下旬 国民健康保険 特定健診受診券

国保以外の健康保険の特定健診

協会けんぽ(全国健康保険協会)の保険証をお持ちの方で、職場の健康診断を受診していない方は、こちらから特定健診の情報を入手してください。
また、協会けんぽ以外の健康保険でも、40歳以上の方には特定健診が義務付けられています。
被扶養者の方は特に受診を忘れてしまわないようにご注意ください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

国保年金課 保健事業担当(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2917
ファクス:0545-51-2521
メールアドレス:ho-kokuho@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る