ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

令和3年度施政方針 【新年度の市政運営に向けて】


 それでは、新年度の市政運営について申し上げます。

 我が国の経済は、昨年夏以降、持ち直しの動きが見られましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、依然として厳しい状況にあります。
 国は、家計や企業の不安に対処するべく、感染拡大防止や雇用・事業・生活への影響をできる限り緩和する「守り」を固めるとともに、デジタル改革・グリーン社会の実現など新たな時代への「攻め」に軸足を移し、経済を回復させ、新たな成長の突破口を切り開くとしております。

 本市におきましては、「富士市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置付けた地方創生への取組を更に進めるとともに、市民サービスの向上、地域の活性化、行政経営の効率化を柱とする「デジタル変革宣言」に基づく取組のほか、「SDGs未来都市」として多様な主体とともにSDGsの達成に向けた取組を前進させております。

 こうした中、私は、新年度を「市民と共に創る生涯青春都市 富士市 変革の年」と位置付け、次の施策や取組等を重点的に実施し、ポストコロナの新たな時代に向けた準備を着実に進めてまいります。

 まず第1に、新型コロナウイルス感染症対策に関連する取組であります。
 市民の命と暮らしを守るため、国・県や市医師会、商工団体などと連携し、感染防止対策や地域経済対策を実施してまいります。
 特に、新型コロナウイルスワクチンの接種につきましては、万全な体制を整え迅速に実施いたします。

 第2に、地方創生に向けた取組であります。
 新年度は総合計画に基づくことなく施策を推進するという、かつてない1年であり、このような年にあっては、選択と集中により、今まさに求められている施策を臨機応変に打ち出していかなければなりません。
 このため、「富士市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置付けた施策を軸とし、「若い世代を地域全体で支える環境づくり」、「新産業創出への支援」、「企業等の活性化支援」の3つの施策を重点的に実施してまいります。
 「若い世代を地域全体で支える環境づくり」につきましては、喫緊の課題である少子化への対策のため、結婚から妊娠・出産・子育てに至る切れ目のない支援を行うとともに、地域や企業などと協働し、子ども・子育て支援に対する関心や理解を深める取組を推進してまいります。
 「新産業創出への支援」につきましては、競争力を備えた強い産業基盤を構築するため、産学金官の連携により、CNF関連産業をはじめとした新産業の創出・育成や、市内企業の新分野への進出などを支援いたします。
 「企業等の活性化支援」につきましては、「産業都市 富士市」の持続的発展に向け、地場産業の活性化や、中小企業等の生産性向上及び事業継続などを支援いたします。

 第3に、「デジタル変革」に関する取組であります。
 新たな生活様式や価値観を取り入れ、時代の要請に応えるためには、私は、デジタル変革こそが有効な手段であると考えております。
 便利で安心な市民サービスや魅力的な地域づくり、生産性の高い行政経営を実現するため、行政手続のオンライン化、GIGAスクール構想の推進、テレワーク先進都市の実現、デジタルマーケティングの推進など「デジタル変革宣言」に基づく取組を強力に進めてまいります。

 第4に、「SDGsの推進」に関する取組であります。
 SDGsは、持続可能な社会を実現するための目標であると同時に、ポストコロナの時代における道標でもあります。
 本市が、「SDGs未来都市」として、多様なステークホルダーとのパートナーシップにより地域課題の解決を目指すため、「富士市SDGs未来都市計画」に位置付けた事業を推進し、市民や事業者への一層の普及促進と取組拡大を図ってまいります。

 以上の施策を重点的に展開するとともに、本市の未来を切り拓くまちづくりの指針となる「第六次富士市総合計画」の策定を着実に進めてまいります。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の意識や行動に変容をもたらし、地方への関心が高まる契機となっており、東京圏への一極集中に変化の兆しが見られております。
 また、働き方全体を見直す契機にもなっており、新しい生活様式を取り入れる中、テレワークの導入など働き方の多様化が進んでおります。
 こうした変化は、本市にとって、移住定住や働き方改革、女性活躍などを後押しする好機であり、ポストコロナの社会を見据え、的確な施策を打ち出していくためには、チャレンジ精神や前例に捉われない柔軟な発想が求められていると考えております。
 このため、あらゆる場面において自ら考え行動できる職場風土を醸成するとともに、全ての職員の英知を結集し、信念と自信と希望を持ち、新年度に予定している諸施策に取り組んでまいります。

お問い合わせ

企画課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2718
ファクス:0545-53-6669
メールアドレス:so-kikaku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る