ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

免許証返納者用富士市内公共交通共通回数券の交付について

2020年04月01日掲載

免許返納者用富士市内公共交通共通回数券の申請方法や、使い方についてご説明します。

免許返納者用富士市内公共交通共通回数券の交付を最大5回へ拡充しました

令和2年4月1日から、高齢運転者の交通事故防止をより推進するため、高齢者が運転免許を自主返納するための支援として、市内の公共交通機関で利用可能な共通回数券(5,000円分)の交付を、各年度1冊ずつで最大5回に拡充しています。
以前に回数券の交付を受けた方も対象となります。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

免許返納者用富士市内公共交通共通回数券とは

市内コミュニティ交通
路線バス(市内で乗降いずれか利用する場合に限る)
岳南電車
タクシー(県タクシー協会に加盟している市内のタクシー会社)

上記の公共交通機関で利用可能な回数券です。

申請方法について

助成の対象となる方

富士市内在住で、以下2つの条件を満たす方

  • 平成29年4月1日以降に運転免許を自主返納した方、または運転免許が失効し、運転経歴証明書を取得した方
  • 免許返納日、免許失効日に65歳以上

(グラフ)運転免許を返納・失効した年度と共通回数券の交付を受けられる年度との対比

申請場所

市役所市民安全課(即日交付)または、最寄りのまちづくりセンター(後日郵送)

申請期間

  • 返納(失効)した年については、返納(失効)日が属する年度の末日まで
  • 翌年度以降は、当該年度期間中(4月1日~翌年3月31日)

必要なもの

  • 申請による運転免許の取消通知書(取消通知書がない場合は、運転経歴証明書でも可)
  • 委任状(別世帯の代理人が申請する場合)

注意事項

  • 運転免許を返納、または失効した年度を含めた5年間のうち、令和3年度以降分の交付となります。
  • 交付は1年度につき1回です。
  • 年度ごとに申請が必要です。
  • 運転免許が失効した方は、失効日を確認できるものが必要です。
  • 過去にさかのぼっての申請はできません。

お問い合わせ

市民安全課防犯交通安全担当(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2831
ファクス:0545-51-0367
メールアドレス:si-shiminanzen@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る