ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市環境エネルギー推進協議会

市域における新エネルギー・省エネルギーの普及を促進するため、「富士市環境エネルギー推進協議会」を発足しました。

会の目的・構成

目的

 東日本大震災以来のエネルギー需給不均衡や温室効果ガスの増加が懸念される現状に対し、エネルギー使用に関する知見を有する富士市環境アドバイザーの活動を広げ、市域における新エネルギーの導入・省エネルギーの普及を促進し、もってエネルギー需給の安定化及び地球温暖化対策の推進に資することを目的としています。

構成(平成30年4月1日現在)

 会長 坂東 誠(ばんどう まこと) 富士市環境アドバイザー
 個人会員 富士市環境アドバイザー 17人
 団体会員 富士商工会議所、富士市商工会、静岡県東部電気工事協同組合富士地区、清水電気工事協同組合、静岡県電機商業組合富士支部、静岡県環境衛生科学研究所、富士市ガス省エネ協議会、富士市STOP温暖化地域協議会、静岡ガス株式会社、東京電力パワーグリッド株式会社、富士建築士会

 環境アドバイザー登録者は、会員になることができます。
 各種団体は、会長が認めた場合、参加できます。(多くの団体に登録いただきたく、会の名称を協議会としましたので、参加を希望される団体はぜひ申し出ください。)
 なお、傍聴することもできますので、希望される方は環境総務課までご連絡ください。

平成29年度 実績

富士市環境エネルギー推進協議会

日時:平成30年3月29日(木曜日)

会場:富士市庁舎10階 全員協議会室

内容:

1 富士市におけるエネルギー関係の動向(報告)
・富士市中小企業者温暖化対策事業費補助金(平成29年度報告、平成30年度概要)
・岳南電車軌道敷を活用した地域電力事業

2 富士市環境エネルギー推進協議会の継続について

3 推奨機器登録更新提案の評価基準について
・推奨機器登録更新提案の評価基準がなかったため、事務局提案について御協議いただきました。

4 意見交換

関連リンク

環境アドバイザー省エネルギー診断支援

1 小規模事務所省エネルギー診断指針

 小規模な事務所や商店を対象にした簡易的な省エネルギー診断を行うための指針を策定しました。
 富士市環境アドバイザーが実施する省エネルギー診断は、本指針に基づいて実施されます。
 なお、小規模な事務所や商店以外については、環境アドバイザーが個別に省エネルギー診断を行います。

指針の特徴
  1. 簡易診断のため、診断時間が短くなります。
  2. 診断結果に基づく設備改修は、富士市中小企業者温暖化対策事業費補助金の対象となります。

添付ファイル

推奨機器の選定・募集

 優れた新エネルギー・省エネルギー技術を活用した製品と、機器を利用する方を結びつけることで、先導的製品の普及を促進し、もって技術を有する者の先導的製品の開発意欲を高め、環境負荷の低減、経済活動の活性化を推進することを目的として推奨機器を募集しています。
 詳しくは募集要項をご覧ください。

推奨機器登録のメリット
(1)富士市中小企業者温暖化対策事業費補助金を受けやすくなります。

 事業所全体の10%又は5トンの温室効果ガス削減という条件を受けなくなります。

(2)機器に対する信用性が向上します。

推奨機器は公表されますので、対外的な信用性が補完されます。

(3)機器の開発の方向性を決める上で参考になります。

 環境アドバイザーをはじめとする多数の委員による審査を受けるため、機器紹介の際にどのような印象を受けるかなど、今後の営業・開発に役立つ指摘や提案を受けることができます。

添付ファイル

関連リンク

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

環境総務課(市庁舎10階南側)

電話:0545-55-2901
メールアドレス:ka-kankyousoumu@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る