ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

高額介護サービス費について


同じ月に利用したサービスの、利用者負担(サービス費用の1割または2割)の合計額(同じ世帯に複数の要介護(支援)者がいる場合は、世帯の合計額)が高額になり、一定額を超えたときは、申請により超えた分の金額が高額介護サービス費として支給されます。

高額介護サービス費の対象となる費用

1ヶ月の間に利用したサービスの利用者負担額(サービス費用の1割または2割)
なお、利用者負担額には、福祉用具購入費・住宅改修費の利用者負担分や、食費・居住費(滞在費)・日常生活費は含まれません。
※介護度別の支給限度額を超えてサービスを利用した場合のサービス費(全額自己負担)に関しては、高額介護サービス費の対象とはなりません。

1ヶ月の利用者負担上限額(平成29年8月1日から)

利用者負担段階区分 利用者負担上限額
【現役並み所得相当】
同一世帯内に課税所得が145万円以上ある65歳以上の人がいる場合
世帯 44,400円
【一般世帯】
同一世帯内に課税されている人がいる場合
世帯 44,400円
【市民税世帯非課税】 世帯 24,600円
【市民税世帯非課税】
・合計所得金額および課税年金収入額の合計が80万円以下の人
・老齢福祉年金の受給者
個人 15,000円
【市民税世帯非課税】
・生活保護の受給者
・利用者負担を15,000円に減額することで生活保護の受給者とならない場合
個人 15,000円
世帯 15,000円

利用者負担上限額についての補足

  1. 一般世帯においては、同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯に、年間上限額446,400円(37,200円×12ヶ月)が設定されます。
  2. 現役並み所得相当の世帯において、課税所得145万円以上であっても、同一世帯の65歳以上の方の収入が1人のみのとき383万円、2人以上のとき520万円に満たない場合は、申請により一般世帯段階(年額上限446,400円)が適用される場合があります。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

高額介護サービス費の申請方法

高額介護サービス費の支給対象となる可能性のある方には、富士市から「介護保険高額介護(予防)サービス費支給申請書」が届きます。
支給を希望する方は、申請書に必要事項を記入していただき、富士市役所介護保険課へご提出ください。
1度申請いただけば、次回以降該当した場合の申請は不要です。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

保健部 介護保険課 給付担当 (市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2767
ファクス:0545-51-0321
メールアドレス:ho-kaigo@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る