文化の振興へ

教育・文化・スポーツ

富士市展

2019年05月31日掲載

市民美術の創作発表や鑑賞の機会を提供し、市民文化の向上発展を図ることを目的として、広く市民の皆様から作品を募集し、富士市展を開催しています。

【更新情報】審査員情報(絵画・彫刻)を掲載しました。

令和元年度(2019年度) 第53回富士市展

ポスター画像第53回富士市展ポスター

令和元年度(2019年度)第53回富士市展を開催します。

【会場】
富士市文化会館(ロゼシアター)1階 展示室

募集部門

会期と部門名 分野(募集部門の詳細)
第1期
書道の部
書道(毛筆) <例:毛筆・刻字>
書道(硬筆)
第2期
写真の部
工芸の部
写真 <例:単写真>
工芸(陶芸)
工芸(染織)
工芸(工芸総合) <例:七宝・和紙造形・和紙絵画等工芸全般>
第3期
絵画の部
彫刻の部
絵画(洋画) <例:油絵・水彩画・グラフィックデザイン・版画>
絵画(日本画)<例:日本画・水墨画>
彫刻 <例:彫刻・造形・彫塑・オブジェ・立体>

【応募資格】
平成31年4月1日の時点で満15歳以上(ただし、中学生は含まない。)で、富士市に在住、在学、在勤、又は富士市を主たる創作活動の場としている人。
作品は、本人の創作であること。また、未発表のものであること。(他の公募展及び審査を伴うグループ展等で発表していない、未発表の作品であること。)

日程(受付・展示・表彰式・搬出)

第1期 書道の部

作品搬入(受付) 5月27日(月曜日) 午前10時から午後7時
一般公開(展示) 5月30日(木曜日)から6月2日(日曜日)
午前10時から午後7時 ※最終日は午後4時まで
表彰式 6月2日(日曜日) 午後4時15分から
作品搬出 6月2日(日曜日) 午後5時から午後6時

第2期 写真・工芸の部

作品搬入(受付) 6月10日(月曜日) 午前10時から午後7時
一般公開(展示) 6月13日(木曜日)から6月16日(日曜日)
午前10時から午後7時 ※最終日は午後4時まで
表彰式 6月16日(日曜日) 午後4時15分から
作品搬出 6月16日(日曜日) 午後5時から午後6時

第3期 絵画・彫刻の部

作品搬入(受付) 6月24日(月曜日) 午前10時から午後7時
一般公開(展示) 6月27日(木曜日)から6月30日(日曜日)
午前10時から午後7時 ※最終日は午後4時まで
表彰式 6月30日(日曜日) 午後4時15分から
作品搬出 6月30日(日曜日) 午後5時から午後6時

(写真) 前回(第52回)審査の様子

(写真) 前回(第52回)展示の様子

(写真) 前回(第52回)表彰式の様子

出品方法・募集要項

【出品方法】
出品希望の方は、各期の作品搬入(受付)日に作品・出品料(1,000円)・出品票をお持ちのうえ、直接会場へお越しください。

【募集要項・出品票】
富士市役所8階文化振興課、市内の各地区まちづくりセンター、ロゼシアター等富士市公共施設での配布しています。
なお、出品票は受付会場でも記入できます。

審査・審査員

【審査】
富士市長が依頼した審査員により、入選作品を決定し、入選作品のうち特に優秀なものを入賞作品として決定します。
審査結果は本人に通知し、入選作品以上を展示します。

【審査員】

部門 審査員(敬称略)
書道 大平 匡昭(日展会員、毎日書道会総務・審査員、創玄書道会副理事長)
西村 東軒(日展会員、読売書法会常任理事、太玄会副会長)
写真 伊藤 貴弘(東京都写真美術館学芸員)
工芸 槐 和男(日本新工芸連盟会員、日展会友)
安藤 タヅ子(日展准会員、現代工芸美術家協会評議員)
絵画・彫刻 松田 茂(日展特別会員、東光会副代表理事・常任審査員)
米倉 正美(日展特別会員、日本美術家連盟会員)
村上 敬(静岡県立美術館上席学芸員)

「市民賞」の実施

第53回富士市展を来場者の皆様と盛り上げるため「市民賞」を実施します。
会場に展示している作品のうち、入賞作品及び招待作家作品を除いた作品の中で、気に入った作品に投票してください。
投票数の多かった作品を「市民賞」として表彰します。
投票用紙は会場で配布いたしますので、ぜひ会場にお越しください。

富士市展図録

富士市展の入賞作品及び招待作家作品を掲載した図録を、毎年発行しています。
詳細については、「富士市展図録」のページをご覧ください。
(図録の一部をPDFデータでご覧いただけます)