若年がん患者等支援事業へ

健康・福祉・子育て

富士市若年がん患者在宅療養生活費支援事業


若年がん患者が自宅で最期まで安心して日常生活が送れるように、在宅におけるサービスに係る利用料の一部を助成します。

補助の対象になる人

下記の項目すべてに該当する人
  1. 医師が医学的知見に基づき回復の見込みがないと判断した若年がん患者で、がんの治癒を目的とした治療を行わない人
  2. サービス利用時において40歳未満の人
  3. 富士市に住所を有する人
  4. その他の同種の補助を受けていない人

補助金額

年齢区分 支援対象事業種類 補助の上限金額
0歳から20歳未満で小児慢性特定疾病児日常生活用具給付事業による補助を受けている人 居宅サービス 月額 45,000円
20歳から40歳未満及び0歳から20歳未満で小児慢性特定疾病児日常生活用具給付事業による補助を受けていない人 (1) 居宅サービス
(2) 福祉用具貸与
(3) 福祉用具購入
(1) 月額 45,000円
(2) 月額 27,000円
(3) 1人につき 45,000円

※ サービス利用料の1割を控除し、補助対象経費の上限と比較していずれか少ない額を補助します。
※ 平成31年4月1日以降の利用サービスから補助します。

申請の方法

  1. サービスを利用する日の前日までに利用申請をします
  2. 利用決定したサービスを受けた月の翌月20日までに補助金の申請をします

サービスの利用申請に必要な書類

  1. 対象サービス利用申請書(第1号様式)
  2. 医師の意見書(第2号様式)

※ 利用決定したサービスの内容を変更する必要が生じたときは、対象サービス変更(廃止)申請書を提出し、対象サービスの追加や中止をしてください。

様式ダウンロード

補助金の申請に必要な書類

  1. 富士市若年がん患者在宅療養生活費補助金交付申請書(第6号様式)
  2. 対象サービス実施報告書(第7号様式)
  3. 領収書原本
  4. 申請者の個人番号カード又は運転免許証等の本人確認書類
  5. 申請者名義の口座番号がわかるもの
  6. 印鑑(スタンプ式でないもの)

様式ダウンロード