ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

防犯に関するお知らせ

できることから始めてみよう“地域防犯ボランティア”

(1)「ここでの犯行は無理だ」と思わせる環境づくり!

 犯罪者は、ルールが守られていない街、人間関係が希薄な街を好みます。

  • ゴミは、決められた日にきちんと出す
  • 散歩の時に、空き缶や吸殻を拾う

 こんなことが、防犯に繋がります!
 整然としたきれいな街は、犯罪者にとって「犯行がやりにくいと感じるまち」なのです。

(2)犯罪者が最も恐れるのは、「住民の皆さんの監視の目」です!

 すべての場所で、監視の目を行き届かせるというのは少し無理がありますよね。
 では、どうしたらいいか。ほとんどの犯罪は、「入りやすくて、見えにくい場所」で起こります。
 それは、「犯罪者が人に怪しまれずに出入りできる場所で、人の監視が届かない場所」をいいます。
 たとえば、こういうところです。

  • 人通りの少ない道路・・・声を掛けやすく逃げやすい場所の代表です
  • 見通しの悪い公園・・・フェンスでなく垣根や壁に囲まれた公園など
  • 壁に囲まれた駐車場・・・車上荒らしの絶好の場所です
  • 垣根や外壁に囲まれた家・・・空き巣被害に遭いやすい家です

 こういった場所に監視の目を向ければ、犯罪者にとって「犯行がやりにくいと感じるまち」になります。

(3)動機+機会【犯罪を犯せそうな雰囲気】=犯罪発生

 ほとんどの犯罪には、動機というものがありますよね。
 泥棒をするにしても、生活に困ってどうしてもお金が欲しいなど。
 でも、動機があれば犯罪が発生するわけではありません。お金が欲しいと思って泥棒しようと考えても、鍵がしっかり 掛かっている家には泥棒に入れませんよね。
 つまり、動機と、犯罪を犯せそうな雰囲気や環境が合わさって、犯罪が発生するのです。
 まずは、かぎ掛けから!皆さんの手で防犯対策をしっかり行い、犯罪者にとって「犯行がやりにくいと感じるまち」を作っていきましょう!

(4)『無理をせず』『できることから』『できる人から』

 防犯活動の基本は、「無理をせず」「できることから」です。

  • 家の前で、垣根を手入れする。鉢植えを並べる。
  • 暗くなってからの外出は、反射タスキをつける。
  • 日向ぼっこは、通学路の子どもたちを見ながらする。
  • 街ですれ違う人に挨拶(会釈)する。
  • 夜、玄関灯や門灯を点ける。

 決して、特別なことをするわけではありません。こんなことから始めてみませんか?
 たとえ、パトロールに参加できなくたって、立派な「防犯活動」です!

地域防犯講座(出前講座)のご案内

 市民安全課では、「身近な犯罪の発生状況」、「被害に遭わないための対策」などを 市民の皆さんに知ってもらうため、地域防犯講座(出前講座)を開催しています。
 講師は、市の担当職員や、静岡県警察より派遣された現職警察官が務めます。
 内容は、忍び込みなどの侵入盗対策、振り込め詐欺対策など、防犯関連の内容であれば何でも対応します。
 また、参加人数や参加者の年齢なども問いません。
 地区、町内会、その他何かの集まり等で、「地域防犯講座」を取り入れてみませんか?
 日程を調整したうえで出張します。メールまたは電話で、お問合せください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

市民安全課防犯交通安全担当(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2831
ファクス:0545-51-0367
メールアドレス:si-shiminanzen@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る