ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市「みんな元気になるトイレ」トイレトレーラーの運用

2019年04月05日掲載

富士市が全国初導入したトイレトレーラーの運用状況等について紹介します。

平成30年7月豪雨 岡山県倉敷市真備地区への派遣

平成30年7月11日出発

平成30年7月11日午前8時に市長を初め大勢の職員に見送られ庁舎を出発しました。目的地までは約550㎞あり、出発から10時間かけて、倉敷市立第二福田小学校に到着しました。午後6時30分に到着後、設置、使用のための準備、使い方の説明をして、午後8時30分から使用を開始しました。到着後2時間で使用開始できる水洗トイレは他に無いのではないでしょうか。

(写真) 平成30年7月11日午前8時富士市役所出発時の様子

(写真) 平成30年7月11日午後8時30分 倉敷市立第二福田小学校で使用開始

(写真)

(写真)

避難所での使用状況

避難所の利用者の方は「学校のトイレは使用できるが、体育館から校舎まで移動しなければならず不便だったが、体育館の目の前に設置してもらったおかげで大変助かった。」とおっしゃっていました。写真のように杖を付いたお年よりも手すりと杖の両方を使って上れる階段幅がありますので、安心してご利用いただきました。

(写真) トイレトレーラーを使用する方の写真

(写真) 避難所派遣職員に使い方を説明する様子

(写真) トイレトレーラーから汚物を排出する様子

また、トイレトレーラーの管理は避難所に派遣された岡山県や倉敷市の職員の方が担当しました。学校の浄化槽が使用できる状況でしたので、2~3日に1回写真のように汚物の排出作業を行いました。

紙のまち富士市ならではの支援物資

避難所の物資は充実していましたが、今回ご提供いただいた支援物資は、需要が多いものばかりで大変喜ばれました。 富士市のトイレトレーラーが派遣される際に、このように支援物資を届けることができることは、とても誇らしいことです。また、これからトイレネットワークに加入する自治体にとっては大変心強い支援となります。

(写真) 株式会社コーチョー様より ネコ砂、ペット用トイレシート

(写真) イデシギョー株式会社様より 紙おしぼり

(写真) コアレックス信栄株式会社様より トイレットペーパー

倉敷市長による表敬訪問

(写真)倉敷市長から富士市に感謝状が贈られました。

平成30年7月11日から50日間のトイレトレーラー派遣と企業様からの物資の支援に対し、平成31年1月18日に富士市長が倉敷市長の表敬訪問を受けました。

トイレトレーラー導入をお考えの自治体の方へ

お問い合わせ

防災危機管理課(消防防災庁舎3階)

電話:0545-55-2936
ファクス:0545-51-2040
メールアドレス:bousai@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る