ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

適正服薬について

 お薬をもらいすぎてしまったり、飲み残してしまったりすることはありませんか?
 また、薬の種類が増えると飲み合わせが気になることはありませんか?
 今回は、お薬の上手な管理やかかりつけ薬局・薬剤師について薬剤師会の方にお聞きしましたのでご紹介します。

Q. お薬の種類が増えてしまったとき、飲み合わせや重複についてはどこに相談したらよいですか?

A. 気になる人は自己判断で中断せず、まずは主治医や薬剤師に相談してください。主治医や薬剤師が患者に「他に飲んでいる薬は?」と尋ねたり、「お薬手帳」の確認をします。ただ、本人が薬を覚えておらず、お薬手帳の管理も不十分だと主治医や薬剤師が確認するのは難しい状況です。
 お薬手帳は必ず1冊にまとめることが重要です。がん患者など多剤併用が必要な人もおり、量の多さは必ずしも問題ではありませんが、飲み忘れや副作用が起こりやすくなります。

Q. 飲み忘れなどでお薬が残ってしまった場合はどうしたらよいですか?

A. 薬の飲み忘れは疾患の治療に支障をきたす場合があります。主治医や薬剤師に薬の飲み忘れを隠す事は、「なぜ疾患が良くならないのか?」の原因を隠してしまうことになります。
 まずは飲み忘れには原因があるはずなのでそれを特定し、主治医や薬剤師に相談し飲み忘れをなるべく防ぐようにしましょう。
 また、飲み忘れで残ってしまった薬は、医療費の無駄にならないように主治医や薬剤師に相談し数量の調節をしてもらいましょう。

Q. 毎月のお薬代を節約する方法はありますか?

A. ジェネリック医薬品を選択することでお薬代が安くなります。ジェネリック医薬品は新薬(先発医薬品)の特許期間が満了した後に、厚生労働省の認可を得て製造・販売される、新薬と同じ有効成分の医薬品です。高血圧症や糖尿病などの生活習慣病のように、長い間飲み続けるお薬やお薬を何種類か飲んでいる場合は、特にお薬代の差が大きくなります。

Q. 先発医薬品とジェネリック医薬品の効果は同じですか?

A. ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を同じ量使って作られています。お薬の形状、色、味、添加物などは違うことがあります。別の会社が特許を持っていて使えなかったり、飲みにくいお薬を飲みやすくしたり、安定性を良くするためにあえて添加物やお薬の形状を変えることがありますが、どの場合も、お薬の効き目や安全性に影響しない範囲と定められています。
 また、効き目や安全性が同等であると確認するために、溶出試験や生物学的同等性試験、安定性試験など、たくさんの厳しい試験に合格しないと、ジェネリック医薬品は発売することができません。
 最近では「オーソライズド・ジェネリック」と呼ばれる、原薬、添加物、製造方法等が新薬と同一のジェネリック医薬品もあります。今までジェネリック医薬品を使ったことがない方や、不安がある方が選択しやすいジェネリック医薬品の一つです。

Q. 「かかりつけ薬局・薬剤師」とはどういうものですか?

A. かかりつけ薬局とは、いつもの顔なじみの薬局を持つことです。そこに行けば、薬の飲み合わせや副作用・重複・残薬の確認をしてもらえます。サプリメントや一般薬、健康や介護に必要なことも相談できます。
 かかりつけ薬剤師は、信頼できる薬剤師を自分自身で選んで専属のパートナーとする制度です。いつも同じ薬剤師が対応し、すべての薬を把握してくれている安心感があります。
 かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師を持つことで、在宅医療や介護に関することも含めていろいろなことを気軽に相談できます。

富士市薬剤師会より

 これからの日本は国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。ご高齢の方や慢性の病気を抱えた方が、安心して住み慣れた地域で、自分らしく暮らせる仕組みである地域包括ケアシステムの中で、薬剤師は充実した在宅医療を行うためのチーム医療に、薬の専門家として参加しています。その方がその方らしい毎日をより良く過ごせるように、医療と介護の融合を目指して、その方に関わるすべての職種の方々と連携を図っています。
 薬剤師は、みなさんにとって身近な医療従事者だと考え、みなさんの健康の維持や回復に役立ちたいと願っています。
 薬局も薬剤師もいろいろです。機能で選ぶ方もあり、薬剤師の人柄で選ぶこともあるでしょう。どちらも間違いではありません。あなたに合った薬局・薬剤師を見つけて下さい。

お問い合わせ

国保年金課 (市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2751 
ファクス:0545-51-2521
メールアドレス:ho-kokuho@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る