ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

交通安全団体


市が事務局を担当している交通安全団体を紹介します。

富士市交通安全指導員会

富士市における交通安全教育の推進をはかり、交通事故を防止するため市から委任を受け、令和2年4月現在116名の指導員が活動しています。
随時、新規加入を募集しています。興味のある方は市民安全課(0545-55-2831)にお問い合わせください。

歴史は古く、昭和37年、旧富士市においてボランティア団体として活動を開始しました。これは、県下で最も古いと思われます。
昭和42年、合併による新市施行により、同年8月に指導員会が結成されました。
会員数は、浜松市、静岡市に次ぐ3番目の規模であり、平均通算活動期間は14.9年、最長者は52年です。
昭和48年に総理府交通対策本部長表彰、平成28年には全日本交通安全協会交通安全優良団体表彰を受けています。 
会員は、ボランティア精神を常に保持し、地域住民の安全な交通環境づくりのため、地域社会に奉仕しています。

交通安全指導員の任務

  • 児童、園児等の登下校における安全通行に関すること
  • 歩行者、自転車走行者等に対する正しい横断方法及び信号遵守等の安全通行に関すること
  • 車輌運転者に対する交通規制区間の教示に関すること
  • 市の行なう交通安全活動への協力

交通安全指導員の活動

毎朝の児童・生徒の通学時における街頭指導のほか、年4回行なわれる交通安全運動での各種事業や、地区行事への交通指導に参加・協力しています。
仕事を持ちながらも務めている会員もたくさんいます。

(写真) 研修の様子

(写真) 交通安全運動期間における視閲

(写真) 街頭指導の様子

富士飲食酒業飲酒運転防止協力会

飲酒運転による悲惨な交通事故を防止するため、富士市内の酒類提供業者が協力して、車輌を運転するものには絶対酒類を提供しないように努め交通安全に寄与することを目的として結成されました。

富士市内における酒類販売提供業者等が会員となり、昭和42年から活動を開始しました。
年4回行なわれる交通安全運動での各種事業への参加のほか、街頭にて飲酒運転根絶キャンペーンを実施しています。

(写真) 飲酒運転根絶キャンペーンの様子

(写真) 街頭啓発の様子

富士市交通安全母の会

悲惨な交通事故をなくすため、地域の母親により交通安全に必要な事業を行い、明るい家庭づくりに寄与することを目的として昭和53年に結成し、新入学児童への手作りマスコットの贈呈などの活動を行ってきましたが、令和元年5月に解散となりました。

お問い合わせ

市民安全課 防犯交通安全担当(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2831
ファクス:0545-51-0367
メールアドレス:si-shiminanzen@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る