企業支援情報ボックスへ

産業・事業者

第2次富士市工業振興ビジョン


 本市は、豊富な地下水や豊かな自然に恵まれたことに加え、東京・名古屋という大都市圏の中間地点に位置するという立地優位性を背景に、国内最大規模の集積にまで成長したパルプ・紙産業をはじめ、地域外から大手企業が進出したことで輸送用機械・化学工業・電気機械といったさまざまな産業が集積し、県下でも有数の工業都市として発展を遂げてきました。
 しかし、製造業を取り巻く現状は、経済のグローバル化 の進展、ものづくり産業の空洞化 、環境問題への対策や、少子化の進行に伴う生産年齢人口の減少、高齢社会などの社会経済環境の変化を受けて厳しさを増し、さらに、リーマン・ショック 、円高の進行、東日本大震災、欧州財政危機による市況の悪化など、さまざまな事象が発生し、本市の産業にも大きな影響を与えてきました。
 こうした状況に対応するため、本市では、平成18年3月に策定した「富士市工業振興ビジョン」及び平成23年3月に策定した「富士市工業振興ビジョン後期事業計画」に基づき、起業・創業のための環境整備や、企業誘致・留置、企業の経営安定・発展のための支援などに取り組んできました。
 しかし、国の経済政策により、円安傾向や生産拠点の国内回帰など、全国的には景気回復の兆しも見えてはいるものの、さらなる少子高齢化の進行による内需の縮小や、円安による原材料費の高騰などもあり、市内企業の状況は、依然として厳しいといえます。
 こうした現状を打破するため、今回、企業へのヒアリング調査を通じて、本市の工業の実情を的確に捉え、本市の工業が抱える課題を抽出するとともに、その課題の解決を支援し、地域経済を活性化するための、本市の工業活性化に向けた産業振興施策を体系的、計画的に推進することを目的として、「第2次富士市工業振興ビジョン」を策定しました。

第2次富士市工業振興ビジョン(概要版)

第2次富士市工業振興ビジョン(本編)