ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市自殺対策計画

2019年03月22日掲載

~ 誰も自殺に追い込まれることのない富士市の実現を目指して ~

 平成10年にはじめて自殺者が全国で3万人を超え、以降その状況が14年連続して続きました。平成24年にようやく3万人を下回り、以降減少傾向が続いていますが、依然2万人を超える多くの方が、自ら命を絶っている現状があります。
 本市においても、毎年40人から50人近い市民が自殺により尊い命を失うといった憂慮すべき現状は続いており、より一層地域の実情に即した対策を総合的に推進していくために、この度「富士市自殺対策計画」を策定しました。
 本計画は、2019年度から2023年度までの5年間を計画期間とし、保健、医療、福祉、教育、労働その他関連施策との有機的な連携を図りながら推進していきます。

生きるを支える 富士市自殺対策計画

各章

こころの健康と自殺対策に関する市民意識調査(報告)

 富士市自殺対策計画の基礎資料とすることを目的に、市民意識調査を実施しました。

調査対象 15歳から89歳までの市民2,000人
調査方法 無作為抽出による郵送配布・郵送回収
調査期間 平成29年7月5日から平成29年7月26日まで
有効回収数 999人
有効回収率 49.95%
調査項目 回答者の属性
悩みやストレスについて
睡眠について
自殺について
自由意見

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

健康政策課健康推進担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-9023 
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る