ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市空き家リフォーム支援補助金交付制度

2020年03月23日掲載

新型コロナウイルス感染症対策に伴う相談及び申請の受付について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、相談については、できるだけ電話やメールを活用くださいますようお願いします。また、各種申請書等については、郵送での提出についてご協力をお願いします。

制度概要

 空き家を利活用することにより、周辺環境の改善や移住定住に繋げ、地域コミュニティの維持に寄与することから、空き家を住居として活用するためのリフォーム工事に対し補助金を交付します。

対象要件

対象となる空き家

富士市空き家バンクに掲載されている空き家

対象者

  • 空き家の所有者(売買契約または賃貸借契約により入居者が決定している場合に限る)、購入者又は賃借人(賃貸借契約により所有者の承諾を得ている場合に限る。)
  • 市税(市民税、固定資産税、都市計画税、国民健康保険税、軽自動車税など)を滞納していない方
  • 空き家の引き渡し以後、入居者が当該空き家に10年以上居住する意思がある方
  • 賃貸借契約又は売買契約の相手が3親等以内の親族でない方

対象地域

市内全域 
ただし、災害危険区域、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域、地すべり防止区域、急傾斜地崩壊危険区域を除く。
注 対象地域は、防災マップでご確認ください。

対象となる工事

  • 水道、ガス又は電気設備の改修工事
  • 台所、トイレ又は風呂の改修工事
  • 内装、外装又は屋根の改修工事
  • 増築もしくは減築等の工事又は修繕工事

補助額

区分 補助率 補助額(上限額)
基本額 工事費の2分の1 80万円
加算額
(市外から転入の者)
20万円

実施期間

2020年4月1日から2023年3月31日まで

注意事項

  • 契約を締結した日から、引き渡し以後3か月までに着手する工事が対象
  • 工事着手前に申請が必要

制度の詳細

制度の詳細については、富士市空き家リフォーム支援補助金交付要綱をご覧ください。

申請方法

富士市空き家リフォーム支援補助金交付申請書と必要書類(下記の申請手順を参照)を住宅政策課(市役所7階)に提出してください。
※必ず、工事着手前に、申請をお願いします。申請前に工事に着手すると、補助金の対象になりません。
申請の方法の詳細につきましては下記の申請手順をご覧ください。

申請書類

Q&A

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

住宅政策課(市庁舎7階北側)

電話:0545-55-2814
ファクス:0545-57-2828
メールアドレス:to-juutaku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る