ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

天間幼稚園を紹介します

2021年01月27日掲載

天間幼稚園の所在地

!天間幼稚園周辺地図

富士市天間1047-1
電話 0545-71-1638

(写真)天間幼稚園外観

閑静な住宅街にある、広くて明るい幼稚園です。

学年・クラス数・在園児数

3歳児 ちゅうりっぷ組 在園児数 21名
4歳児 ばら組 在園児数 16名
5歳児 すみれ組 在園児数 16名

預かり保育

利用料金

30分:50円

預かり保育時間

  • 幼稚園の保育日:14時から16時
  • 長期休業中:8時15分から16時

対象理由

  • 就労
  • 兄姉などの学校行事
  • 介護
  • 通院
  • 子育ての負担軽減

預かりのできない日

  1. 土曜日、日曜日、祝祭日
  2. 8月13日から15日、年末年始(12月29日から1月3日)、3月学年末休業日及び4月学年始休業日の各3日間程度
  3. 園行事等による代休日
  4. 天候や災害、感染症等で休園となった日
  5. その他園長が指定した日

登降園について

  1. 登園時刻9時、降園時刻14時
  2. 公立幼稚園では、送迎バスはありません。
  3. 全園児、基本、車でドライブスルー登園。希望のある方は、天間まちづくりセンターから親子で歩いて登園します。(歩いて登園することで、歩く力をつけ、交通安全の仕方を学ぶことで、1年生の登校につなげられるようにします。) 

主な行事

行事
4月 入園式・進級式、家庭訪問、参観日・PTA総会、移動図書、誕生会(毎月)、
5月 散歩(年中・年長)、避難訓練、チリンの会、親子で遊ぼう会(1)、フッ化物説明会(年長親子)、防犯教室、眼科・歯科・内科検診、草花遊び(西公園)
6月 交通教室、じゃがいも・人参掘り、カレーパーティー、さつまいものつるさし、花火教室
7月 防犯訓練、七夕、懇談会、終業式、夏休み開始、個人面談
8月 夏休み
9月 始業式、ALT、祖父母参観日、チリンの会、大根種まき、防犯訓練、
10月 参加日、運動会、避難訓練、年中長西公園遠足、年長幼保交流、地区文化祭・さつまいも掘り、PTAバザー
11月 白糸自然公園遠足、天満宮清掃、七五三奉納福祉相撲大会、避難訓練、やきいも会、
12月 参観日(各学年1日ずつ)、お楽しみ会、避難訓練、エスパルスサッカー教室
1月 始業式、防犯訓練、交通教室、移動図書、チリンの会、親子で遊ぼう会(2)、
2月 豆まき、避難訓練、参加日、移動図書、チリンの会、じゃがいも・人参種まき、西公園遠足
3月 ひなまつり、お別れ会、終了式、卒園式

園目標

たくましい子

重点目標

挑戦する子

学年目標

3歳児

先生や友達と一緒に遊ぶことを楽しむ。

4歳児

自分の思いを伝えながら、友達と一緒に遊びを楽しむ。

5歳児

友達と共通の目的に向かい、考えを出し合いながら遊びを進めていく。

園の教育方針-遊びは学び-

  • 子どもの実態に合わせた保育を展開し、遊びを通して、嬉しい、悲しい、悔しい、楽しいなど様々葛藤をしながら心の成長を促し、興味関心や意欲を育てます。
  • 子どもの発達や学びの連続性を踏まえ、探究心や思考力、表現力等に加え、感情や行動のコントロール、粘り強さ等の非認知的能力を育むことがその後の学びと関わる重要な点であると考え、保育します。
  • 幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿の明確化を図り、日々子どもに何が育つか、教師は何を育てたいかを常に考え、ねらいをもった保育を展開しています。

-グランドデザイン-

(図)教育構想

研修テーマに向けての取り組み

研修テーマに向けた、子供たちの1学期の成長の姿を紹介します。

(壁新聞イメージ)大きくなるっていうことは…

(壁新聞イメージ)すみれ組〔楽しみいろいろレインボー祭り〕1

(壁新聞イメージ)すみれ組〔楽しみいろいろレインボー祭り〕2

(壁新聞イメージ)ちゅうりっぷ組、ばら組の様子

園の特色

ぽっかぽか(異年齢仲良し組)

天間幼稚園は各学年1クラスずつの単学級です。その分、異年齢交流を大切にしています。そこで、交流がより深いものになるように、卒園まで同じ友達と3~4人の仲間になり異年齢の仲良し組(「ぽっかぽか」という名称にしています)を組んでいます。

(写真) 〔ぽっかぽか対抗水汲みリレー〕どの入れ物を使うかを自分たちで選んで、水を運びました。

(写真) 〔電車レース〕どの丸に入るかは毎回相談したり、暗黙の了解だったり、様々でした。

(写真) 〔ジングルベル踊り〕トナカイ役とサンタクロース役自分たちで決めて、楽しんでいました。

6月…コロナ禍でちょっぴり遅れたスタートの日から、さっそく年少さんの〔ぽっかぽか〕のお世話を任されることになった年長さん。当初は手をつなごうとしても振り払われたり、近くでやり方を教えてあげたいのに全く無視されたり、なかなか上手くはいきませんでした。行動を起こすことができず、黙ってそばに立っているだけの子もいました。年長児の初めのねらいの中に「年長児であることを意識して行動しようとする」という内容があります。担任はこのねらいを「年下の友達のお世話をする」ことで達成しようと考えました。四苦八苦して、そこからたったの1週間で見事に関係を築いた年長さんは、様々な活動を通して一緒に遊び、生活し、今では一番頼りになる一番大好きな「僕の」「私の」お兄ちゃん、お姉ちゃんになりました。

(写真) お兄ちゃん、大好き!

(写真) お兄ちゃんがケーキ作りのお手伝いをしてくれて、嬉しい!

(写真) 仲良しー!

また、人から「頼りにされる」、大切なことを「任される」という経験は自己肯定感を生みました。最高に頼りになる年長さんになったすみれ組の子どもたちは、このことがきっかけで「挑戦意欲」が増し、いろんなことにやる気が出てきました。その姿を見ている年中児も、年長に憧れ真似をしたり、年少に優しく接したり、上からも下からも刺激をもらいながら日々成長しています。

(写真) すみれ「相撲大会、頑張るからね!」ちゅりっぷ「頑張ってね!いっぱい応援するね!」

(写真) すみれ「お顔を描いてくれたの?そっくり!ありがとう!」ちゅうりっぷ「お相撲頑張ってねの気持ちを込めて描いたよ。」

(写真) 僕たちも、すみれ組さんみたいに強くかっこよくなりたい!

(写真) ばら組さんは、初めてすみれ組さんの劇を見た時から、「一緒にやりたい!」と憧れていました。仲間入りさせてもらえた時には、セリフも動きもバッチリで、驚きました。

(写真) 最後のフィナーレダンスは、全園児の憧れで、誰もが口ずさみながら踊れるようになっていました。いつの間にか、先生たちもみんなが踊れるようになっていました!

(写真) とても仲良しなので、ばら組さんの劇にも仲間入りして全力で楽しむすみれ組さんです。演じている方も見ている方もみんなで笑顔になれます。

自分より小さな友達のお世話をしてあげられた子も、された子も優しい気持ちが育ち、自分より大きな友達に憧れ、刺激を受け、挑戦意欲も掻き立てられ、「ぽっかぽか」の活動から様々な面で育ちがあります。

小規模保育事業所「てんまっこ」とのかかわり(平成30年度から)

「てんまっこ」は、全国初の試みとして富士市で始まった、幼稚園の中にある地域型保育事業所です。通常の幼稚園にはいない、1,2歳児との関わりを通して、優しさが育ちます。

(写真) 大好きなてんまっこちゃんが喜ぶことをしたい、すみれ組さん。

(写真) てんまっこちゃんもすみれ組のお姉さんたちにすっかり慣れて、仲良し!同じことをしようとする可愛い姿に、メロメロです。

(写真) 自然と仲間に入って遊ぶ姿が、本当に微笑ましく温かいです。

(写真) 繭玉作りを体験させてもらったよ!

(写真) 大好きなてんまっこちゃんに絵本を読んであげたい!自分で絵本を選び、自分なりに練習している姿は、なんとも可愛らしいです。

(写真) お昼寝の寝かしつけを〔トントン係り〕と称して、すみれ組が順番にやらせてもらっています。

保護者の声

令和2年度の教育評価アンケート集計結果をご報告させていただきます。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

天間幼稚園(天間1047番地の1)

電話:0545-71-1638 
ファクス:0545-71-2402
メールアドレス:k-tenma@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る