ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

予防接種の間隔について

違う種類のワクチンを接種する場合の間隔

  • 生ワクチンを接種した日から、次の接種を行う日までの間隔は、27日以上置きましょう。
  • 不活性化ワクチンを接種した日から、次の接種を行うまでの間隔は、6日以上置きましょう。
今回接種したワクチン 他の予防接種までの間隔
生ワクチン
・BCG
・麻しん風しん(MR)混合ワクチン
・水痘ワクチン
・ロタウイルスワクチン
・おたふくかぜワクチン
・麻しんワクチン
・風しんワクチン
27日以上の間隔を置く。

※4週間後の同じ曜日から接種可能
4月1日(水曜日)に生ワクチンを接種

次回は、4月29日(水曜日)から接種可能
不活化ワクチン
・4種混合ワクチン
・ポリオ(単抗原)ワクチン
・2種混合ワクチン
・日本脳炎ワクチン
・インフルエンザワクチン
・インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン
・肺炎球菌ワクチン
・B型肝炎ワクチン
6日以上の間隔を置く。

※1週間後の同じ曜日から接種可能
4月1日(水曜日)に不活化ワクチンを接種

次回は、4月8日(水曜日)から接種可能

◆違う種類のワクチンを特に急いで接種する場合は、医師にご相談ください。  

同じ種類のワクチンを接種する場合の間隔

  • ワクチンごとに期間が違います。
  • 同時接種の場合、特に注意が必要です。こどもの予防接種スケジュールで確認してください。

◆予防接種モバイルサイトをお使いいただくと、同時接種、単独接種が選択できますので安心です。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

健康政策課健康推進担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-9023 
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る