ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市教育文化スポーツ奨励賞

2021年10月07日掲載

教育文化スポーツの分野で活躍されている方に対する表彰の制度です。

富士市教育文化スポーツ奨励賞について

教育、文化、スポーツに寄与する市民などの活動を奨励することを目的として、それぞれの分野の振興に優れた業績をあげ、かつ将来一層の発展が望まれる個人または団体へ、富士市教育委員会から贈られます。 
昭和57年度から「富士市教育文化奨励賞」として始まり、平成14年度には新たにスポーツの分野を加え、現在の「富士市教育文化スポーツ奨励賞」となりました。
対象者は、富士市に在住、在勤もしくは富士市を本籍地とする個人または市内に所在する団体です。

毎年、市制記念日である11月1日に開催する富士市表彰式典において、表彰しています。

令和3年度の受賞者

令和3年度の受賞者は、以下のとおり2個人2団体に決まりました。

●佐尾 かね子 さん  文化(能楽) 伝法(広見地区)
 長年、能楽の先導役として活躍され、能楽の普及と後進の育成に尽力されています。能楽という古典芸能を多くの人々に観てほしい、知ってほしいとの思いで、出張公演や能楽鑑賞会を積極的に行っています。能楽を通した地域文化の振興に努められ、今後も活躍が大いに期待されます。

●宮本 晴美(宮本 暉篁) さん  文化(書道) 青島町(吉原地区)
 長年、書道の指導者として活躍され、静岡県書道連盟推薦教授として、書道の普及と後進の育成に尽力されるとともに、富士書道連盟並びに静岡県書道連盟における要職を務めるなど、会の発展に寄与されています。書道を通した地域文化の振興に努められ、今後も活躍が大いに期待されます。

●鮫島まとい・太鼓保存会  文化(郷土芸能)
 長年、地域文化の振興に貢献されています。地元の式典のほか、市内各地でまとい振りを披露するなど、積極的に活動されるとともに、日本古来の伝統であるまといと、子供太鼓を通じた世代間交流を図るなど、地域に密着した活動を展開されています。今後も活躍が大いに期待されます。

●富士市サッカー協会  スポーツ(サッカー)
 長年、スポーツの振興に貢献されています。創設から54年、幅広い年齢層を対象とした大会やサッカー教室を積極的に開催するなど、競技の普及や技術向上に努められています。数多くのJリーガーを輩出するなど、後進の育成にも尽力され、今後も活躍が大いに期待されます。

受賞者のラジオ出演について

受賞者の皆様にラジオエフの番組にご出演いただき、インタビューを行います。
放送予定は以下のとおりです。ぜひお聴きください。
※ラジオエフは静岡県富士市・富士宮市をエリアに84.4MHzで放送するコミュニティエフエム放送局です。

  • 11月12日(金曜日)17時00分  鮫島まとい・太鼓保存会
  • 11月16日(火曜日)10時00分  宮本 晴美(宮本 暉篁) さん
  • 11月22日(月曜日)10時00分  富士市サッカー協会  
  • 11月22日(月曜日)17時10分  佐尾 かね子 さん

これまでの受賞者

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

文化振興課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2874
メールアドレス:si-bunka@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る