ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

2019年度「キズナ無限∞の島」の様子(気仙沼市大島)

2019年03月05日掲載

【研修テーマ】

(ロゴ)感じよう!一生懸命生きることの大切さ、考えよう!キズナの大切さ、そして、自分を信じ、明日へつなぐ力を高めよう!

8月10日(土曜日)

(1)事前活動
教育プラザでブロック毎に各部屋に分かれ、7月15日に実施した事前研修に引き続き、班の仲間作りや研修内容の確認などを行いました。
(2)出発式
教育プラザの多目的ホールにて、午後7時30分より出発式を行いました。出発式では、市長、教育長、来賓代表(議長)の激励のあいさつのあとに、テーマ「感じよう!一生懸命生きることの大切さ 考えよう!キズナの大切さ そして、自分を信じ、明日へつなぐ力を高めよう!」の唱和を行い、午後8時に大型バス4台で気仙沼大島に向け出発しました。

(写真) 出発式の様子

(写真) 出発式の様子

8月11日(日曜日)

(1)被災地学習
東日本大震災遺構・伝承館を訪れ、映像を視聴した後、ブロック毎施設内を見学しました。

(写真) 東日本大震災遺構・伝承館で映像を視聴する様子

(写真) 東日本大震災遺構・伝承館で校舎を見学する様子

(2)大島へ入島
2ブロックずつに分かれ、フェリーで25分ほどかけて大島へと入島しました。3月に架かった鶴亀大橋を見るほか、ウミネコに餌付けを行いました。

(写真) ウミネコに餌付けをしている様子

(写真) ウミネコに餌付けをしている様子

(3)民宿の方と話そう
民宿のお父さん、お母さんから震災当時の話や大島での暮らしについて聞くことが出来ました。

(写真) 民宿のお父さんの話を聞く様子

(写真) 民宿のお母さんの話を聞く様子

8月12日(月曜日)

(1)ビーチプログラム
最初にビーチ清掃を実施した後、アクティビティプランナーの指揮のもと、ミッションリレーを実施しました。後半は、海水浴を行い、大島の自然を満喫した様子でした。

(写真) 海岸清掃をする様子

(写真) ビーチアクティビティをする様子

(写真)全員での集合写真

(2)大島と私 夢の架け橋プロジェクト2
ブロック毎にテーマを担当し、班に分かれて大島の各地に赴き、大島で暮らす方々の講話を聞いたり、体験をしたりしながら交流し、取材を通して大島の魅力を知る機会となりました。

ブロック 担当テーマ
気仙沼市大島の暮らしと文化
気仙沼市大島の自然
気仙沼市大島の食
気仙沼市大島の伝統芸能

(写真) 大島の方と交流する様子

(写真) 大島伝統の太鼓を教わる様子

(3)大島と私 夢の架け橋プロジェクト3
班に分かれて大島内で取材・体験したことをもとに、「どうすれば大島が更に魅力的になるか」を考え、民宿内でまとめる時間としました。

(写真) 調べた内容をまとめている様子

(写真) 班で意見交換する様子

8月13日(火曜日)

(1)大島と私 夢の架け橋プロジェクト4
各班で調べた大島活性化の案について、ブロック内でセミコンテストを実施しました。
その後、ブロックを代表してコンテストで発表する班を決定しました。

(写真) 協力し合い準備する様子

(写真) ブロックで発表する様子

(2)民宿の方から学ぼう
民宿のお父さん、お母さんにワカメの芯抜きやホヤ・ナマコの掃除などを教わりながら、ウニの生態を調べるなどの体験学習を行いました。

(写真) ワカメの芯抜きをする様子

(写真) 民宿のお母さんに芯抜きを教わる様子

(3)ダンスプログラム
大島中学校の生徒14名とともに、アクティビティプランナーの指揮のもと、レクリエーションや大島ソーラン・フジサンバを実施しました。踊りの教え合いを通し、大島の生徒と交流を深める機会となりました。

(写真) 大島ソーランを教わる様子

(写真) 大島小・中学校の子供たちとレクリエーションを楽しむ様子

(4)浦の浜のお祭りに参加
浦の浜の花火大会に参加し、森田教育長と井出参与の挨拶と研修生の富士市紹介のあと、大島中学校の生徒と共に大島ソーランとFuji サンバを披露し、大島の方々と交流しました。最後に鎮魂と希望の想いが込められた花火大会を見学しました。

(写真) お祭りを楽しむ様子

(写真) 大島小・中学校の子供たちとともに舞台に立つ様子

(写真) 想いの込められた花火

(写真) 打ち上げられる花火を見学する様子

8月14日(水曜日)

(1)大島と私 夢の架け橋プロジェクト5
各ブロックで調べた大島活性化の案について、他の研修生と大島の方々を前にコンテスト形式で発表しました。その後、表彰を行いました。

(写真) 発表をする様子

(写真) ブロックごと学んだ内容を話す様子

(2)大島との別れ
お世話になった大島の方々に向け、研修生代表が挨拶を行い、キズナ点呼、テーマソング斉唱をした後大島の方に見送られながら大島を後にしました。

(写真) 輪になり研修テーマを唱和する様子

(写真) 再会を約束し握手する様子

(3)未来宣言記入・未来宣言
研修を経て、研修生一人一人が「自分が魅力的だと思う姿」を考え、そうなるためにどのようなステップが必要かを考えた後、「富士市に戻って踏み出す一歩」を記入し、バス内で発表しました。
その後、バスで富士市へと向かいました。

(写真) 未来宣言を記入する様子

(写真) 未来宣言を発表する様子

お問い合わせ

社会教育課(八代町1-1 富士市教育プラザ内)

電話:0545-55-0560
ファクス:0545-55-0561
メールアドレス:ky-syakaikyouiku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る