ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

第一次富士市水道事業経営戦略プラン 2019-2030

策定の目的と位置づけ

 本市水道事業は富⼠⼭からの豊富でおいしい地下水を水源とし、これまで利⽤者に安全・安心な水道水を供給してきました。⼀方で、⼈⼝減少や節水機器の普及などにより料⾦収入が減少するなか、水道施設及び管路の⽼朽化対策や南海トラフ地震に備えるための耐震化等、必要な費⽤が増⼤しており、今後の水道事業を取り巻く状況は厳しさを増しています。
 このような背景のもと、本市では平成26 年8 ⽉の総務省通知『公営企業の経営に当たっての留意事項について』に基づき、計画的かつ合理的な経営を⾏うことにより収支の改善等を通じた経営基盤の強化等を図り、サービスの提供を将来にわたり安定的に持続することを目的とした経営戦略プランを策定しました。
 経営戦略プランは、上位計画である「第五次富⼠市総合計画」と連動し、平成22 年度に策定した富⼠市水道事業基本計画(地域水道ビジョン)の⾒直しを⾏っており、同計画を包含した水道事業の新たなマスタープランとなります。

取組状況

第一次富士市水道事業経営戦略プランの閲覧・ダウンロード

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

上下水道経営課(富士市本市場441-1 県富士総合庁舎6階)

電話:0545-67-2817
ファクス:0545-67-2890
メールアドレス:jouge-keiei@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る