ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市多世代同居・近居支援奨励金

2021年04月01日掲載

新型コロナウイルス感染症対策に伴う相談及び申請の受付について

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、相談については、できるだけ電話やメールを活用くださいますようお願いします。また、各種申請書等については、郵送での提出についてご協力をお願いします。

制度概要

 子育て世代の負担軽減及び高齢者の安全・安心な暮らしの確保を図るため、多世代で新たに同居・近居するための住宅取得又はリフォーム工事に対し補助を行う。
※「新たに同居・近居」とは:現に同居・近居のいずれもしていない状態から同居・近居することをいう。

対象要件

対象者

下記の(1)、(2)のいずれも満たす者
(1)下記ア~ウのいずれかの組み合わせで新たに同居・近居すること。
 ア「小学生以下の子を養育する者」と「その親」
 イ「65歳以上の者」と「その子」
  (ウの両者が現に同居・近居していない場合に限る。)
 ウ「65歳以上の者」と「その孫」
  (イの両者が現に同居・近居していない場合に限る。)
(2)奨励金受領後、多世代同居・近居の状態を10年以上継続すること。

※「近居」とは:市内において、同一小学校区又は直線距離で1km以内である住宅に居住すること。

対象住宅

住宅であって、居住用部分の床面積が50平方メートルを超えていること。

対象地域

市内全域 
ただし、災害危険区域、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域、地すべり防止区域、急傾斜地崩壊危険区域を除く。
注 対象地域は、防災マップでご確認ください。

対象となる工事

多世代同居・近居のために行う次に掲げる経費
(1)住宅の取得に係る経費
(2)住宅の改修に係る経費

補助率

2分の1

補助額

上限額30万円

実施期間

2021年4月1日から2024年3月31日まで(3年間)

注意事項

  • 住宅の取得に係る契約又は改修工事に係る契約の締結前に申請すること。
  • 同居・近居の開始から30日以内又は申請年度の3月末日のいずれか早い日までに実績報告を行うこと。

制度の詳細

制度の詳細については、富士市多世代同居・近居支援奨励金交付要綱をご覧ください。

申請方法

富士市多世代同居・近居支援奨励金交付申請書と必要書類(下記の申請手順を参照)を住宅政策課(市役所7階)に提出してください。
※必ず、住宅の取得に係る契約又は改修工事に係る契約の締結前に、申請をお願いします。申請前に契約すると、補助金の対象になりません。
申請の方法の詳細につきましては下記の申請手順をご覧ください。

申請書類

申請書類記入例

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

住宅政策課(市庁舎7階北側)

電話:0545-55-2814
ファクス:0545-57-2828
メールアドレス:to-juutaku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る