ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

新型コロナウイルス感染症について

2020年03月12日掲載

感染症対策へのご協力をお願いします。新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。

新型コロナウイルス感染症について(静岡県から県民の皆様へ)

新型コロナウイルス感染症は、静岡県において、現在、流行が認められている状況ではありません。
また、新型コロナウイルス感染症は、かかってもほとんどの方は少し重い風邪として自然に治ります。ただしご高齢の方や持病のある方を中心に、肺炎になることがあり、その一部の方が重症になることがあります。
皆様におかれましては、決してあわてたりあせったりせず、冷静になって、お一人おひとりが以下の5つのポイントをできる限りを実行していただき、県内に新型コロナウイルス感染症が流行しないように、ご高齢の方や持病のある方をこの感染症からお守りいただくように、どうかご協力をお願いします。

  • 人混み、特に換気の悪い室内に多数の人が集まる場所には、極力行かないようにしてください。
  • 多数の人が触る物(手すり、つり革など)を触ったら、手洗いをするまでその手で顔(特に目鼻口)を触らないでください。
  • 食前食後、出勤時帰宅時、トイレの前後など、こまめに丁寧に(石けんを使って30秒以上)手洗いをしてください。
  • 咳やくしゃみが出るときは、マスクをつけるか、ひじや服のそで、ハンカチなどで口鼻をおおって、しぶきが周りに飛ばないようにしてください(咳エチケット)。
  • 熱や咳・のどの痛みといったかぜ症状があるときは、仕事や学校を休んで、外出やイベントなどへの参加も控えて、自宅で安静にしてください。

厚生労働省からのイベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ

厚生労働省からの呼びかけ

  • 国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

  • 【相談後、医療機関にかかるときのお願い】
  • 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する相談は、次の窓口で受け付けています。

厚生労働省電話相談窓口(フリーダイヤル) 0120-565653 9時00分から21時00分

最寄りの保健所窓口(富士保健所医療健康課) 0545-65-2156 8時30分から17時15分(平日のみ)

静岡県庁専用相談ダイヤル  054-221-8560 8時30分から17時00分(平日のみ)

「帰国者・接触者相談センター」について

新型コロナウイルス感染症にかかっている疑いのある方を、電話での相談を通じて、PCR検査のできる「帰国者・接触者外来」への受診に確実につなげるため、以下の(ア)から(オ)に当てはまる方は、下の表に示します県内の各保健所に設置の「帰国者・接触者相談センター」にお電話をください。

(ア)発熱37.5℃以上または呼吸器症状(咳、のどの痛みなど)があり、新型コロナウイルス感染症の確定している人と会って話した。

(イ)発熱37.5℃以上かつ呼吸器症状があり、2週間以内に流行地域※に渡航または居住していたか、または、流行地域※に渡航・居住していた人と会って話をした。

※流行地域(令和2年3月10日時点)

中国 湖北省、浙江省
韓国 大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡
イラン・イスラム共和国 ギーラーン州、コム州、テヘラン州、アルボルズ州、イスファハン州、ガズヴィーン州、ゴレスタン州、セムナーン州、マーザンダラン州、マルキャズィ州、ロレスタン州
イタリア共和国 ヴェネト州、エミリア=ロマーニャ州、ピエモンテ州、マルケ州、ロンバルディア州
サンマリノ共和国 全域

(ウ)呼吸器症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く。(解熱剤を飲み続けなければならない場合も含む。)

(エ)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

(オ)以下の1~8にあてはまる方は、(ウ)の状態が2日程度続く。
1.高齢者
2.糖尿病がある
3.心不全がある
4.呼吸器疾患(COPD(慢性閉塞性肺疾患)、ぜんそくなど)がある
5.透析を受けている
6.免疫抑制剤を用いている
7.抗がん剤等を用いている
8.妊婦

富士保健所における「帰国者・接触者相談センター」 
0545-65-2156 平日8時30分から17時15分        
090-3309-6707(県内各保健所での輪番体制)平日17時15分から21時00分、土曜日・日曜日・祝日の9時00分から21時00分

  • 上述の(ア)から(オ)に当てはまらない方が、「帰国者・接触者相談センター」に電話をされますと、電話が混み合い、新型コロナウイルス感染症の疑いのある方を適切かつ迅速に「帰国者・接触者外来」へつなげることが困難になる場合があります。
  • 上述の(ア)から(オ)に当てはまらないが、症状や感染について御心配な方は、下記の静岡県庁の相談ダイアルか厚生労働省の相談窓口へお電話ください。
  • 静岡県庁の専用相談ダイアル
  • 電話:054-221-8560、054-221-3296(2回線とも平日8時30分~17時)
  • ファクス:054-251-7188(平日8時30分~17時)
  • 厚生労働省の新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口
  • 電話:0120-565653(フリーダイヤル、平日・土日・祝日9時~21時)

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

保健医療課(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2739 
ファクス:0545-53-5586
メールアドレス:ho-iryou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る