ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

公的個人認証サービス(電子証明書)

公的個人認証サービス(電子証明書)について

住民基本台帳カード(住基カード)をご利用のみなさまへのお知らせ

個人番号制度の開始に伴い、住民基本台帳カード(住基カード)の新規交付・更新・再発行は終了しました。現在有効中の電子証明書は有効期限までご利用いただけますが、住基カードに格納されている署名用電子証明書の更新はできません。引き続き電子証明書の利用を希望される方はマイナンバーカード(個人番号カード)を申請してください。詳細は下記リンクをご確認ください。

公的個人認証サービス(電子証明書)について

 公的個人認証サービスとは、インターネット上におけるデジタル文書について、他人による「なりすまし」や「データ改ざん」がないことを確認するための機能〈電子証明書〉を提供するサービスのことです。これを利用することで、e-taxなどの官公庁などへの申請・届出をインターネットでおこなうことができます。

 公的個人認証サービスを利用するためには、電子証明書を格納したマイナンバーカード(個人番号カード)が必要になります。マイナンバーカードをお持ちでない方は、事前に交付を受けてください。詳細は下記リンクをご確認ください。

電子証明書の種類について

署名用電子証明書(個人番号カード・住基カード)

 インターネット等で文書を作成・送信する際に利用します。その文書が本人が作成したものであり、改ざん等がされていない事を証明します。
 e-taxの確定申告等の電子申請の際に利用します。

利用者証明用電子証明書

 インターネットを閲覧する際などに、利用者本人である事を証明します。
 今後、「マイナポータル」へのログインの際の本人確認や、コンビニでの住民票の写しなどの証明書の取得(コンビニ交付・富士市では平成29年2月1日から開始予定)等に利用されます。

ICカードリーダライターについて

 e-taxなど、公的個人認証サービスを利用したオンライン手続きを行うためには、公的個人認証サービスに適合したICカードリーダライターが必要です。
 最新の適合機種については下記リンクを参照してください。

関連リンク

お問い合わせ

市民課証明担当(市庁舎2階)

電話:0545-55-2977
ファクス:0545-53-2500
メールアドレス:shimin@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る