ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

「警戒レベル」を用いた避難情報、気象情報の伝達について

2019年06月07日掲載

 2019年6月より、豪雨時の避難情報や気象情報を、5段階の「警戒レベル」を用いて伝達します。

「警戒レベル」導入の背景

平成30年7月豪雨では、さまざまな避難情報や気象情報が出されましたが、情報の意味が理解されていなかったり、情報の種類が多すぎるなどの理由から、必ずしも住民の避難行動にはつながらず、200名を越える方々が犠牲となりました。
この教訓から、内閣府(防災担当)では、避難対策の強化のため2019年3月に「避難勧告に関するガイドライン」を改定しました。
この改定に伴い、市が発令する避難勧告等の避難情報や、気象庁が発表する気象情報を、5段階の「警戒レベル」を用いて伝達し、危険区域に住んでいる住民などがとるべき行動を、警戒レベルの段階に応じて明確化することになりました。

警戒レベル4で全員避難!(警戒レベルに応じた住民がとるべき行動)

5段階の「警戒レベル」に応じて、土砂災害や河川洪水の危険区域の住民等がとるべき行動は以下のとおりです。
・警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)⇒高齢者等の避難に時間を要する方は避難
・警戒レベル4(避難勧告、避難指示)⇒全員避難
※「全員避難」とは、市民全員が避難するという意味ではなく、避難が必要となる土砂災害や河川洪水の危険区域にお住まいの方全員が避難を開始するという意味です。

!(図)警戒レベルと危険区域の住民等がとるべき行動について

※警戒レベル1・2は気象庁が発表する注意報等の気象情報で、警戒レベル3・4・5は市が発令します。
※「警戒レベル4 避難指示(緊急)」は、緊急的又は重ねて避難を促す場合に発令します。
※「警戒レベル5 災害発生情報」は、災害が発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令します。

同報無線放送も変わります

同報無線放送で伝達している避難情報についても、警戒レベルを一緒にお伝えします。
例)河川洪水の場合の避難勧告の放送
「緊急放送、警戒レベル4避難開始。○○地区に避難勧告を発令します。○○川が氾濫するおそれのある水位を越えました。速やかに避難してください。屋外への避難が危険な場合は、屋内の高いところに避難してください。」

豪雨災害から命を守るために…マイタイムラインを作成しましょう!

「自分の命は自分で守る」という意識を持ち、いざというときに迷いなく適切な行動をとれるよう、普段から以下のような備えをしておくことが重要です。
・いつ、どこに、どうやって避難するのか、家族で話し合って決めておく
・高齢者など自分だけで避難することが困難な人は、避難を手助けしてくれる支援者と避難について相談しておく
・避難情報や気象情報などを収集する手段を確保しておく(テレビ、インターネット、富士市防災ラジオなど)
これらの事項を決めるためには、各家庭ごとの避難計画(マイタイムライン)を作成することが有効です。
以下の「大雨時のわが家の行動チェックシート」を使用し、自宅の災害の危険性や避難のタイミングなどをあらかじめ確認しておきましょう!
※ご自宅が土砂災害や河川洪水の危険区域かどうかの確認は、以下のリンク「ふじタウンマップ(防災マップ)」を参照してください。

! 大雨時のわが家の行動チェックシート(表面)

! 大雨時のわが家の行動チェックシート(裏面)

参考資料・ウェブサイトなど

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

防災危機管理課 (消防防災庁舎3階) 

電話:0545-55-2715 
ファクス:0545-51-2040
メールアドレス:bousai@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る