ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

全国瞬時警報システムについて

ここでは「全国瞬時警報システム(Jアラート)」について説明します。

全国瞬時警報システムとは

 気象庁から送信される気象関係情報や、内閣官房から送信される有事関係情報を、人工衛星を利用して地方公共団体に送信し、市町村の防災行政無線を自動起動するシステムです。
 それにより、同報無線や防災ラジオから、次の情報が放送されます。
緊急地震速報、大津波警報、津波警報、富士山火山警報、東海地震注意情報、東海地震予知情報、弾道ミサイル攻撃情報、航空攻撃情報、ゲリラ攻撃情報、大規模テロ情報の10項目と放送が誤報だった場合のキャンセル放送。

※緊急地震速報の詳細については、関連リンク「緊急地震速報について」をご確認下さい。

全国瞬時警報システムの導入

 富士市では平成20年3月より、時間的に余裕のない緊急情報を、消防庁から直接、同報無線を自動起動して放送する全国瞬時警報システム(通称ジェイアラート)の運用を開始しました。放送する内容は、10項目で、お知らせする内容によって身の安全を守る行動をとっていただくことになります。「自らの命は自らで守る。」を基本に、家族や近所の方などと放送が流れたときの行動について、確認しておきましょう。
 また、時間に余裕のない情報を短い文章でお知らせするため、詳細な情報については、ラジオエフ(FM84.4)をお聞きください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

防災危機管理課 (消防防災庁舎3階)

電話:0545-55-2715 
ファクス:0545-51-2040
メールアドレス:bousai@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る