ごみ処理施設へ

くらし・手続

新環境クリーンセンターの環境学習施設についての意見交換会

2020年02月21日掲載

新環境クリーンセンターに併設する環境学習施設(令和2年開設予定)を、市民の皆さんの意見をふまえてオープンするための意見交換会を行います。

環境学習施設の意見交換会について

新環境クリーンセンター(新しいごみ焼却場)に環境学習施設を併設します。
この環境学習施設は「環境に関心を持ち、実践する市民の育成」を目的としており、市民が主役となり運営されることを目指し、施設の整備と運営において、市民・事業者・本市の協働で事業を推進する計画としています。
このような計画に基づき、環境学習施設の整備や運営について、関心のある市民や市民団体等からアイデアや意見等を伺うために、令和2年のオープンに向けて複数回の意見交換会を行うこととしました。
環境学習施設の概要については次のとおりです。

展示製作ワークショップの開催について

これまでの意見交換会に参加した市民の皆様が中心となって「みんなの会」が発足し、現在、環境学習施設に関する様々なテーマについて話し合いを行っています。
今年度は「みんなの会」に参加している市民の方を講師として、環境学習施設に展示する作品を製作するワークショップを開催します。
ワークショップの詳細については次のとおりです。

展示製作ワークショップ「いま話題の海洋プラスチック問題を学びペットボトルバタフライをつくろう!」開催中止のお知らせ

2月22日に開催を予定しておりました展示製作ワークショップ「いま話題の海洋プラスチック問題を学びペットボトルバタフライをつくろう!」は、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、現時点での開催は望ましくないとの判断により開催中止とさせていただきます。

【開催中止】展示製作ワークショップ「いま話題の海洋プラスチック問題を学びペットボトルバタフライをつくろう!」

【とき】
令和2年2月22日(土曜日) 午前9時30分から正午

【ところ】
田子の浦漁業協同組合 2階会議室

【講師】
小澤緑さん(富士市環境アドバイザー)

【定員】
40人(先着順)

【参加費】
無料

【申込・問合せ】
2月3日(月曜日)以降、電話にて新環境クリーンセンター建設課へ

【終了しました】展示製作ワークショップ「ふじの自然がつまったコケリウムをつくろう!」

【とき】
令和元年10月27日(日曜日) 午前9時30分から正午

【ところ】
丸火青少年の家 炊飯棟

【講師】
長谷川望さん(富士市環境アドバイザー)

【定員】
10人(先着順)

【参加費】
無料

【申込・問合せ】
10月7日(月曜日)以降、電話にて新環境クリーンセンター建設課へ

【開催中止】展示製作ワークショップ「季節をテーマにしたポストカードをつくろう!」

【とき】
令和元年10月12日(土曜日) 午後1時30分から午後3時30分

【ところ】
ふじ・紙のアートミュージアム交流スペース(富士市民文化会館ロゼシアター1階 東側)

【講師】
石原すみよさん(紙っと!プロジェクト代表)

【定員】
10人(先着順)

【参加費】
無料

【申込・問合せ】
9月20日(金曜日)以降、電話にて新環境クリーンセンター建設課へ

これまでに開催した意見交換会について

これまでに開催した意見交換会の概要については次のとおりです。

(仮称)3R協働活動プラットホームについて

環境学習施設は市民の皆さんの施設です。どのように使い、活かしていくのか、市民の皆さんに考えていただくため、意見交換を行うにあたり「3R協働活動プラットホーム」を立ち上げることになりました。
「3R協働活動プラットホーム」とは、駅のプラットホームと同じく、「人が集まり交差する場・空間」であり、参加したメンバー各々が得意とする分野の知恵を活かしながら、環境学習施設の整備、運営に関する課題の解決や理想の未来像について考え、参加者同士がフラットな立場で、前向きに話し合う場です。

環境学習・3R活動に関するアンケート調査の実施について

3R協働活動プラットホームを立ち上げるにあたり、環境学習や3Rに関して、現状の認知度、共感度、関心の高さを知るとともに、環境学習施設や3R協働活動プラットホームのPRや周知を目的としてアンケート調査を実施しました。
調査結果については次のとおりです。

プラットホーム通信

3R協働活動プラットホームが発行した「プラットホーム通信」です。