若年がん患者等支援事業へ

健康・福祉・子育て

若年がん患者等支援事業

2019年11月20日掲載

若年がん患者等の支援事業として、平成31年4月1日以降に行った、妊孕(よう)性温存治療、医療用補整具購入、在宅療養生活に対して費用の一部を補助します。


将来子どもを産み育てることを望む若年がんの患者が、がん治療開始前に生殖機能を温存することで、希望をもってがん治療に取り組むことが出来るよう、妊よう性温存治療に要した費用の一部を補助します。

がん治療による外見へのケアとして、医療用補整具を購入したがん治療による外見変貌を補完する医療用ウィッグ(かつら)や乳房補整具の購入費用の一部を補助します。

若年がん患者が自宅で最期まで安心して日常生活が送れるように、在宅におけるサービスに係る利用料の一部を補助します。