お知らせなどへ

健康・福祉・子育て

熱中症に注意しましょう!

2020年06月05日掲載


気温が上がるこれからの時期は、熱中症の発生が多くなります。暑さを避けて、こまめに水分を補給しましょう。
屋外のみならず、室内でも、熱中症になる可能性がありますので、体調管理に十分注意してください。
特に今年の夏は、感染症対策のための「新しい生活様式」において、十分な感染症予防を行いながら体調の変化に十分注意し、マスクを着用している時にもこまめな水分補給を忘れないよう、適切な予防に努めましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防について

新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』において、今後は、一人ひとりが感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。これまでとは異なる生活環境下において十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

熱中症の主な症状は

 熱中症とは、体の内と外の「暑さ」によって引き起こされる様々な体の不調です。

 次の症状があったら熱中症を疑いましょう。

熱中症を予防するには

■暑さを避ける

 気温や湿度が高いときは、屋外での長時間の活動を避け、帽子や日傘などで直射日光に当たらないように工夫しましょう。また、屋内でじっとしているだけでも熱中症になる場合があります。扇風機やエアコンを上手に使い、室温の上昇や風通しに気をつけましょう。
 急に気温が上がった時は、体が暑さに慣れていないため、特に注意しましょう。

■十分な水分補給をする

 自分では気づかないうちに脱水症状が進んでいる場合があります。喉が渇いていなくても、こまめに水分を補給しましょう。汗をかいたときには、塩分も補給しましょう。

■服装に気をつける

 吸湿性や通気性のよい素材で、ゆったりとした風通しのよい衣服、熱を吸収しにくい白色系の衣服を選びましょう。

■体調を整え、体力を維持する

 休養と睡眠を十分にとり、ミネラルやビタミンを補給するために、野菜類や海藻類などをたくさん食べましょう。また、疲労回復のために、たんぱく質を積極的にとりましょう。

■熱中症予防を呼びかけ合う

 一人一人が周囲に気を配り、声をかけ合いましょう。それぞれが予防意識を高めることで、熱中症の発生を防ぐことができます。

◇環境省の熱中症予防情報サイトでは、「暑さ指数」を用いた各地域の注意情報などをご覧いただけます。

高齢者や子どもは特に注意!

 高齢者は体温調節機能が低下してくるため、暑さへの対応が遅れる可能性があります。また、子どもは体温調節機能が十分に発達していないうえ、自分で気温や体の状況を正確に把握できないことがあるため、対応が遅れがちです。
 身の周りに高齢者や子どもがいる人は、温度計などで気温を確認したり、こまめに水分補給を促すなど、気を配るよう心がけてください。

もしも熱中症になったら

手当の基本は、 「安静」「冷却」「水分・塩分補給」 です!

  1. すぐに風通しのよい日陰や、涼しい場所で休ませる
  2. 衣服を緩めて、うちわなどで風を送り、ぬれタオルや冷却材などで体を冷やす(特に首の周り、脇の下、足のつけ根など)
  3. スポーツドリンクや経口補水液などで、水分と塩分を補給

※熱中症は、重症になると命に関わる危険性もあります。自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車を呼びましょう!また、手当てをしても症状が回復しない場合は医療機関を受診しましょう。