ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

子どもがマスクを嫌がる。無理にでもさせなければいけないか。

2020年06月01日掲載

市からの回答

 厚生労働省から、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例が示されました。その中でも特に「マスクの着用」については、市民の皆様もすでに実践していただいている方が多いと思います。

 しかし、日本小児科医会から、「2歳未満の子どもにマスクは不要であり、むしろ危険だ」ということが示されました。

 これは、小さなお子様は

  • 呼吸器の空気の通り道が狭く、マスクをすると呼吸をしにくくさせ、呼吸や心臓への負担になる
  • マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる
  • マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる
  • 顔色や唇の色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れる

などの理由からです。

 2歳以上のお子様も、発達の段階に応じ、対応が必要です。

 2歳未満のお子様を持つ保護者だけでなく、そうでない方も「2歳未満のマスク使用は不要、むしろ危険である」ことをご理解いただき、ご自身の生活に応じた感染防止の取り組みをお願いいたします。

関連リンク

お問い合わせ

保健医療課(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2739 
ファクス:0545-53-5586
メールアドレス:ho-iryou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る