ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

学校では、感染対策としてどのようなことを考えていますか。

2020年06月09日掲載

市からの回答

 学校では、感染防止と子どもたちの健康維持のため、次のとおり取り組んでいきますので、毎日の検温やマスクの着用など、家庭でもご指導、ご協力をお願いします。

1 児童生徒等に風邪の症状がみられる場合の対応
  • 風邪等の症状がある場合は、登校しないことを徹底する
  • 登校後に風邪等の症状がみられた場合は、保護者に連絡を取りすぐに早退させる
2 感染源を絶つ
  • 家庭と連携して、毎朝の体温及び風邪の症状を確認する
  • 登校前に確認できなかった児童生徒等については、保健室等で体温及び風邪症状を確認する
3 感染経路を絶つ
  • 原則、マスクを着用する
  • 手洗いや咳エチケットを徹底する
  • 手洗い時の密を避けるために、手洗いの時間をずらしたり、学級によって使用する水道を分けたりする
  • 教室等の小まめな換気を実施する(できる限り2方向の窓を同時に開ける)
  • 寒いときには、衣類等によって対策できるよう配慮する
  • 多くの児童生徒等がふれる、ドアノブや手すり、スイッチなどの消毒等、環境衛生の保持に努める
4 抵抗力を高める
  • 十分な睡眠や適度な運動、バランスのとれた食事を心がけるよう指導する
5 授業等教育活動に関すること
  • 児童生徒の机の間をできるだけ空け、前向きの状態で授業を行う(6月9日現在、本市は感染レベル1地域となるため、机の間は1メートルを目安としている)
  • コの字型等、対面になるような机の隊形は、当面の間とらないようにする
  • グループ学習は、極力実施しないようにする(もし、行う場合は、一定の距離を保ち、短い時間の実施とする)
  • 感染リスクの高い活動(合唱やリコーダー等の管楽器演奏・組み合ったり接触したりする運動等)は、授業計画を入れ替える等工夫する
  • 道徳や学級活動等の時間において、コロナウイルス感染症と絡めた授業を行い、「命を大切にする」「仲間を大切にする」「人権意識を持つ」等、子どもたちの心を育む教育を推進する
  • 部活動については、体力の回復を考慮しながら、徐々に再開する

関連リンク

お問い合わせ

学校教育課教育指導室(市庁舎7階北側)

電話:0545-55-2869
ファクス:0545-53-2862
メールアドレス:gakukyou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る