ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

【開催報告】「富士青春市民オフラインミーティングin東京 ~ 富士ファンの一員として ~ 」

2019年07月01日掲載

概要

富士市は、自分なりの「いただき」を目指して一歩踏み出す人を、まち全体で応援するため、富士青春市民プロジェクトを展開中です。そして、その一環として、まちについて学び、気軽に語り合うことを目的に富士青春市民オフラインミーティングを実施しています。

株式会社田子の月 代表取締役社長 牧田桂輔氏をお招きし、首都圏に暮らしながら故郷“富士市”のためにできることをワークショップ形式で語り合うことを目的に開催する「富士青春市民オフラインミーティングin東京 ~ 富士ファンの一員として ~ 」を開催しました。参加者30人がグループワークを通じ、富士市との関わりについてそれぞれの立場で意見を出し合いました。また、閉会後は懇親会を行い、参加者は笑顔で交流を深めました。

(写真)参加者集合写真

内容

(1)ゲストスピーチ
株式会社 田子の月 代表取締役社長 牧田桂輔 氏
「これまでの田子の月。そしてPeak(頂)への挑戦」

【牧田桂輔氏のプロフィール】
富士市で生まれ育つ。少年時代はサッカーに明け暮れ、富士東高校時代には県大会ベスト4に進出。高校卒業後は中央大学に進学し、その後実家の家業を継ぐための修行を経て、28歳で富士市に戻り田子の月に入社する。37歳で同社取締役社長に就任し、富士山麓で60年以上にわたり地元の皆様に愛され発展してきた原点を大切にしながらも、創意工夫を重ね、より多くの皆様に選んで頂ける田子の月を目指しチャレンジを続けている。

(2-1)グループワーク
田子の月ファンを増やすためのアイディアを語り合おう!

(写真)ゲストスピーカー牧田桂輔氏 (株)田子の月 代表取締役社長 牧田桂輔氏

(写真) 講演会の様子

(2-2)グループワーク
私たちができる富士市とのかかわり方について語り合おう!

(写真)パネルディスカッション

(写真)グループワーク

(写真)グループワーク後に発表

とき

令和元年6月29日(土曜日)15時~17時
※14時30分開場、受付開始

ところ

COHSA SHIBUYA(コーサシブヤ)
東京都渋谷区4-5-5
渋谷駅15番出口より徒歩8分
表参道駅B1出口より徒歩9分

対象

富士青春市民20人(応募者多数の場合は抽せん)

参加費

無料

申し込み

申し込みは終了しました

富士青春市民について

お問い合わせ

シティプロモーション課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2958
ファクス:0545-51-1456
メールアドレス:so-citypro@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る