ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

市長定例記者会見(映像・資料)【令和02年07月09日実施】

2020年07月10日掲載

富士のほうじ茶のブランド化事業について

【市長コメント】
 お茶は本市の農産物の中で作付面積・生産額ともに第1位であり、本市を代表する特産物の一つでありますが、近年では、ペットボトル飲料の普及により、急須で淹れる茶葉の需要が減ったため、一番茶の価格が大幅に下落しております。

 また、本市は県内において一番茶の摘み取り時期が遅いことなどから、本市の茶葉は市場における県の平均価格よりもさらに低い価格で取り引きされるなど、大変厳しい状況にあるものと認識しております。

 このような状況を打破し、富士のお茶の魅力や品質の高さを全国に発信するため、消費量が10年間で3倍以上に拡大し、若い世代を中心に人気が高まっているほうじ茶に着目し、茶の産地としては全国的にもあまり例のない「ほうじ茶のブランド化」に取り組むことといたしました。

 来週、7月15日には関係者によるキックオフミーティングを開催し、富士のほうじ茶のブランド化に向け、本格始動いたします。

 このキックオフミーティングを皮切りに、本年度は4人の若手生産者との協働により、「日本一おいしいほうじ茶」を開発するほか、市内複数の飲食店でのほうじ茶を使用した商品展開の支援や、首都圏でのテストマーケティングの実施などに取り組んでまいります。

 令和3年度以降につきましては、活動の幅を広げ、事業に取り組む生産者を増やすとともに、情報発信や販路拡大などを支援することにより、富士のほうじ茶のブランド化に取り組み、本市の農業振興に繋げてまいります。


問い合わせ 農政課 電話0545-55-2781

ウィズコロナ・動画配信プロジェクトについて

【市長コメント】
 新型コロナウイルス感染症の影響により、市が主催する事業のほぼ全てが中止または延期となり、市民の皆様には大変残念な思いをさせ、ご不便をおかけしていることと思います。

 市は、これまで、ケーブルテレビの番組として「ふじ広報室」を自主制作するほか、イベント等を撮影・編集したものを市公式YouTubeチャンネルで配信しておりましたが、講座や講演会等を通じて市民の皆様にお届けしたい内容についても、動画で配信する取組を開始したところであります。

 現在、新型コロナウイルスと共存しながら、日常生活や経済活動を行う「ウィズコロナ」という考え方のもと、オンラインで動画を配信し、情報を共有する時代に、世界的な規模で移行しつつあります。

 これらのことから、市民に必要な情報を的確なタイミングで発信する取組を、「ウィズコロナ・動画配信プロジェクト」と位置づけ、オンラインによるプロモーション活動をさらに強化してまいります。

 このプロジェクトでは、市民の皆様にわかりやすく情報を伝えるため、企画段階から事業の関係者が参加したり、実際に出演してもらって臨場感を醸し出したりするなど、視聴者に共感を抱いていただくような動画づくりに努めてまいります。

 例えば、母校をPRしようと熱い思いを持った高校生と協働し動画を作成するほか、多くの方が参加できないイベントをライブ配信し、広く発信していくことも計画しております。

 今後は、市の各部署の取組を動画で配信していくことはもちろんのこと、様々な民間団体とも連携し、本市のあらゆる魅力の発信に取り組んでまいります。


問い合わせ シティプロモーション課 電話0545-55-2958

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

シティプロモーション課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2700
ファクス:0545-51-1456
メールアドレス:so-citypro@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る