ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市都市計画道路必要性再検証業務委託 公募型プロポーザルによる参加希望者の募集

2019年05月15日掲載

富士市都市計画道路必要性再検証業務プロポーザル参加者を募集します。

業務概要

1 業務名

富士市都市計画道路必要性再検証業務

2 業務の目的

 本市の都市計画道路の多くは、高度成長期の市街地拡大や自動車交通の増大を前提に計画されているが、人口減少や少子高齢化の進展といった社会情勢の変化や、財政的制約の高まりから、必要性の高い路線・事業への選択と集中が求められている。
 このため本市では、平成20年度に必要性再検証に係るガイドラインを作成し、「岳南都市圏総合都市交通体系調査(岳南PT調査)」の交通需要予測結果等を用いて、平成22年度から2か年をかけて道路網の見直しを行ったが、この間、新東名高速道路の開通や西富士道路の無料化など、自動車交通を取り巻く環境は大きく変化していることから、将来を見据えた交通体系を再構築するため、平成27年度から30年度にかけて、「第2回岳南都市圏総合都市交通体系調査(第2回岳南PT調査)」を行った。
 本業務は、このような状況を踏まえ、都市計画道路の整備を重点的・効率的に進めるため、第2回岳南PT調査の成果である最新の交通需要予測結果等を用いて、都市計画道路の必要性をあらためて検証することを目的とする。

3 業務内容

 富士市都市計画道路必要性再検証ガイドラインに基づき、本市内で都市計画決定されている都市計画道路の必要性を検証する。
ア 必要性の検証
 過年度に実施した「富士市都市計画道路必要性再検証業務(平成20から21年度)」の成果を参考に、最新の状況や将来需要予測データを用いて必要性の検証を実施する。
イ 合理性の検証
 過年度に実施した「富士市都市計画道路必要性再検証業務(平成20から21年度)」の成果を参考に、最新の状況や将来需要予測データを用いて合理性の検証を実施する。
ウ 新道路網での検証
 区間単位で行った必要性・合理性の検証結果を用いて、各路線について「現決定を維持」、「変更」、「廃止」の判断を行い、道路網全体での検証を行う。
エ 見直し方針の設定
 新道路網での検証結果を踏まえ、必要に応じて判断の見直しを行い、都市計画道路の再検証結果(見直し方針)についてとりまとめを行う。
オ 路線カルテの作成
 ア~エの検討結果を踏まえ、過年度に作成した路線カルテを更新する。なお、区間の見直しがあった場合等、必要に応じて路線カルテの追加作成を行う。
カ 打合わせ協議(4回)

4 履行期間

契約締結日から令和2年3月23日(月曜日)まで

5 契約限度額

5,995,000円(消費税及び地方消費税額を含む。)

参加表明書等提出期間

項目 実施日
参加表明に関する質問書提出期間 令和元年5月15日(水曜日)から令和元年5月20日(月曜日)の午後5時15分まで(最終日は午後3時までとする。)
参加表明に関する質問回答日 令和元年5月22日(水曜日)※富士市ウェブサイトに掲載する。
参加表明書及び参加資格確認書類提出期間 令和元年5月15日(水曜日)から令和元年5月27日(月曜日)の午後5時15分まで(最終日は午後3時までとする。)
参加資格確認結果通知 令和元年6月3日(月曜日)※電子メールにて通知する。

公告及び実施要領等

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

都市計画課(市庁舎6階南側)

電話:0545-55-2785
メールアドレス:toshikei@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る