ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

令和3年度応急手当普及員養成講習を開催します

2021年12月03日掲載

 令和3年度応急手当普及員養成講習を令和4年2月に開催します。
 当講習は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、十分な対策をとった上で実施します。

応急手当普及員になりませんか?

 応急手当普及員とは、地域の皆さんに対して救命法を推進するために必要な技術と知識を有する者として認定された方です。
 応急手当普及員養成講習では、3日間で基礎医学(人体の構造、感染防止)と応急手当(AEDの使用方法を含む)の実技や指導方法等を学び、消防長から応急手当普及員に認定されると、市内各地域や職場などで普通救命講習を開催することができます。なお、応急手当普及員には、3年毎に再講習(3時間)を受講していただきます。
 生命の危機にある方に適切な救命処置がされ大切な命が守られるよう、あなたも応急手当普及員として活動しませんか?

講習日時

 令和4年2月11日(金曜日)、2月12日(土曜日)、2月13日(日曜日)の3日間
 全日午前9時から午後6時まで(延べ24時間)
 ※新型コロナウイルスの感染状況により中止となる場合があります。

会場

 富士市消防防災庁舎 3階 作戦指令室兼会議室

対象者・定員

 市内の事業所又は市内の防災組織等の担当者・20人
 (定員を超えた場合は抽選)

費用

 受講料無料(テキストは受講者が購入し持参)

応募方法及び期限

 申請書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、富士市消防本部警防課救急管理室まで提出してください。

 締切り 令和4年1月5日(水曜日)必着
     申請書を持参の場合は同日午後5時まで

(写真)乳児にAEDを実施する受講者

(写真)成人にAEDを実施する受講者

お問い合わせ

警防課救急管理室(消防防災庁舎2階)

電話:0545-55-2856
ファクス:0545-53-4633
メールアドレス:fi-keibou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る