ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習制度について

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習制度についてご説明します。

平成29年3月12日から臨時認知機能検査・臨時高齢者講習制度が導入されました。

平成29年3月12日、改正道路交通法が施行され、臨時認知機能検査・臨時高齢者講習制度が導入されました。改正により、高齢ドライバーに対する認知機能のチェック体制がさらに強化されます。

臨時認知機能検査について

75歳以上で、認知機能が低下した場合に行われやすい一定の違反行為(信号無視等)をした場合、臨時認知機能検査を受検しなければなりません。
検査内容は、運転免許更新時に実施する認知機能検査と同じです。

臨時高齢者講習について

75歳以上で、「臨時認知機能検査」の結果が基準に該当した場合(認知機能検査を初めて受けた結果が第2分類、または第1分類であった方、検査結果の分類が前回より低下した方)は、「臨時高齢者講習」を受講しなければなりません。
県内の自動車学校等において、実車指導と個人指導等を実施します。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

市民安全課防犯交通安全担当(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2831
ファクス:0545-51-0367
メールアドレス:si-shiminanzen@div.city.fuji.shizuoka..jp

ページの先頭へ戻る