ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

あおり運転に対する罰則が創設されました

2020年06月30日掲載

令和2年6月30日から、あおり運転に対する罰則の創設と行政処分の整備がされました。

どのような運転があおり運転となるのか

あおり運転の対象となる「一定の違反」について

  • 通行区分違反
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違反
  • 追越し違反
  • 減光等義務違反
  • 警音器等使用制限違反
  • 安全運転義務違反
  • 最低速度違反(高速自動車国道)
  • 高速自動車国道等駐停車違反

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

「一定の違反」を犯した際の罰則について

1.他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反を犯し、交通の危険を生じさせた場合

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
違反点数25点 免許取消(欠格期間2年)

2.1に記載の危険を犯し、他の自動車を停止させ、道路における著しい交通の危険を生じさせた場合

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
違反点数35点 免許取消(欠格期間3年)

あおり運転対策として(例)

  • 必要もなく追い越し車線を走り続けない
  • ゆとりをもちなるべく早く進路を譲る
  • 進路変更などの意思表示を早めに行う
  • ドライブレコーダーを後方にもつける

あおり運転をされた時の対処方法

  • 同乗者のスマートフォンでの撮影
  • 相手のナンバーをひかえる
  • 安全な場所への避難
  • ドアロックをして110番通報をする

自転車もあおり運転禁止です

自転車のあおり運転となる「一定の違反」とは

  • 車間距離の不保持
  • 不必要な急ブレーキ
  • 逆走して進路をふさぐ
  • 他車への幅寄せ
  • 進路変更
  • 追越し違反
  • 自転車のベルをしつこく鳴らす等

一定の違反を犯した際の罰則について

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

お問い合わせ

市民安全課防犯交通安全担当(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2831
ファクス:0545-51-0367
メールアドレス:si-shiminanzen@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る