ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

新型コロナウイルス感染症感染防止対策の徹底と従業員への注意喚起について(12月4日)

2020年12月07日掲載

令和2年12月4日、小長井義正市長が富士市内の事業所あてに注意喚起の通知を行いました。

新型コロナウイルス感染症感染防止対策の徹底と従業員への注意喚起について

 各事業所におかれましては、新型コロナウイルス感染症感染防止対策に格別のご理解とご協力をいただき、これまでも様々な対策を講じていただいていることと存じます。
 しかしながら、富士市内におきましては、事業所や工場、遊戯施設等から複数のクラスターが発生し、11月29日から12月3日までの5日間で41人の感染者が確認されるなど感染者数は急激に増加し、大変厳しい状況となっております。また、このような状況が続くと医療提供体制が崩壊しかねない、大変重要な局面にあります。
 今後の感染拡大を防止できるかは、事業者の皆様また市民の皆様一人ひとりの行動にかかっております。
 感染拡大を防止し、社会経済活動と両立できるよう、事業者の皆様には、業種別ガイドライン等に基づき、「3つの密」(密閉、密集、密接)の回避など、より一層の「感染防止対策の徹底」に取り組んでいただくとともに、職場でのクラスター発生防止のため、感染リスクが高まるとされる次の「感染リスクが高まる5つの場面」について、あらためて従業員への注意喚起をお願いします。

  1. 飲酒を伴う懇親会等
  2. 大人数や長時間におよぶ飲食
  3. マスクなしでの会話
  4. 狭い空間での共同生活
  5. 居場所の切り替わり(休憩室、喫煙所、更衣室等)

「5つの場面」につきましては、次のサイトをご覧ください。

添付ファイル

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

保健医療課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2739 
ファクス:0545-53-5586
メールアドレス:ho-iryou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る