ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

新型コロナウイルス感染症に伴う生活支援一覧

2022年07月05日掲載

 新型コロナウイルス感染症に伴う個人向けの生活支援について、一覧で紹介します。

どこに相談すればいいか分からない場合は、下記にお問い合わせください。

富士市ユニバーサル就労支援センター 
電話:0545-64-6969
受付時間/8時30分から17時15分まで(土曜日、日曜日、祝休日を除く)
受付場所/フィランセ東館1階

ひとり親世帯や住民税非課税の子育て世帯【給付】

名称など 令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金
条件など 低所得のひとり親世帯、住民税非課税の子育て世帯の生活を支援するため、給付金を支給します。
※対象となる要件があります。詳しくは下記リンクからご覧ください。
給付金額/対象児童1人当たり5万円
申請方法/令和5年2月28日までに、申請書と必要書類を提出
問合せ 子育て給付課[市役所4階南側]
電話:0545-55-2738
関連リンク 令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金について

住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金【給付】

名称など 臨時特別給付金
条件など 令和3年度・令和4年度住民税非課税世帯及び、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、世帯全員が住民税非課税相当の収入(令和4年1月以降)となった世帯(家計急変世帯)に対して給付金を支給します。
支給金額/1世帯当たり10万円
問合せ 富士市住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金コールセンター
電話:050-5211-6074
(土曜日・日曜日・祝休日を除く8時30分~17時15分)

収入が減少し、緊急かつ一時的な生計維持のための生活費の貸付が必要な世帯【特例貸付】

名称など 緊急小口資金(無利子)
条件など 貸付金額/10万円または20万円
据置期間/1年以内
償還期間/2年以内
受付期間/令和4年8月末日まで
問合せ 富士市社会福祉協議会[フィランセ東館1階]
電話:0545-64-4649
※相談は要予約。

収入の減少や失業などのため、生活の立て直しが必要な世帯

名称など 総合支援資金(生活支援費)(無利子)【特例貸付】
条件など 貸付条件/単身の場合:月15万円以内、2人以上の場合:月20万円以内
貸付期間/原則3か月以内
据置期間/1年以内
償還期間/10年以内
受付期間/令和4年8月末日まで
問合せ 富士市社会福祉協議会[フィランセ東館1階]
電話:0545-64-4649
※相談は要予約。
名称など 生活困窮者自立支援金【給付】
条件など 総合支援資金の再貸付終了などにより、新たに特例貸付を利用できない世帯で、収入・資産・求職活動などの要件を満たす世帯に支給します。
給付金額/最大月額10万円(3人以上の世帯の場合)
支給期間/3か月
受付期間/令和4年8月末日まで
問合せ 生活支援課(市庁舎4階北側)
電話:0545-55-2886
関連リンク 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

離職・廃業から2年以内または休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある人【給付】

名称など 住居確保給付金【給付】
条件など 給付金額/家賃実費分。上限あり(世帯人数により金額は異なります。単身世帯:3万7,000円、2人世帯:4万4,000円、3人世帯:4万8,000円など)
支給期間/原則3か月
問合せ 富士市ユニバーサル就労支援センター[フィランセ東館1階]
電話:0545-64-6969
※相談は要予約。
関連リンク 住居確保給付金

経済的な事情などで困窮している

名称など 「生理の貧困」支援事業
条件など 経済的な事情などで困窮している女性に対し、生理用品を無償で配布しています。女性職員が応対しますので、お気軽にお越しください。
配布場所/こども家庭課、こども未来課またはフィランセ東館1階の富士市社会福祉協議会、富士市ユニバーサル就労支援センター
問合せ 生活支援課(市庁舎4階北側)
電話:0545-55-2886
こども家庭課(市庁舎4階南側)
電話:0545-55-2763
関連リンク 生理用品の無料配布を行っています

納税等が困難な人または世帯【猶予】【減免】

名称など 国民年金保険料の免除申請
条件など 国民年金保険料が免除される場合があります
申請方法/免除申請書に所得の申立書を添付して提出
問合せ 富士年金事務所
電話:0545-61-1900
関連リンク 日本年金機構ホームページ「新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について」
名称など 国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の減免
条件など 令和4年4月1日〜令和5年3月31日に納期限を迎える国民健康保険税を減免します
申請方法/申請書と収入・失業・罹患などの状況が分かる書類などを提出

令和4年4月1日〜令和5年3月31日に納期限を迎える後期高齢者医療保険料を減免します。国保年金課高齢者医療担当にご相談ください。
問合せ 国保年金課[市役所3階北側]
国民健康保険被保険者:0545-55-2752
後期高齢者医療被保険者:0545-55-2754
関連リンク 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について
名称など 介護保険料の減免
条件など 令和4年4月1日〜令和5年3月31日に納期限を迎える、65歳以上の人の介護保険料を減免します
申請方法/申請書と世帯の主たる生計維持者の収入・罹患・廃業などの状況が分かる書類などを提出
問合せ 介護保険課[市役所4階北側]
電話:0545-55-2766
関連リンク 新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について
名称など 個人住民税・固定資産税など市税の納税猶予
条件など 納税が困難な場合、収納課にご相談ください
問合せ 収納課[市役所3階南側]
電話:0545-55-2730

水道料金・下水道使用料の支払いが一時的に困難な人【猶予】

名称など 水道料金・下水道使用料の支払い猶予
条件など 支払いが困難な場合、上下水道営業課にご相談ください
猶予期間/最長4か月
問合せ 上下水道営業課[県富士総合庁舎6階]
電話:0545-67-2827
関連リンク 新型コロナウイルス感染拡大に伴う富士市上下水道の水道料金・下水道使用料のお支払い猶予について

小・中学校の教育費用に困っている人【支援】

名称など 就学援助
条件など 経済的な理由から子どもの義務教育に支障があると認められる保護者に対して、学用品費・給食費・医療費などを援助します
申請方法/子どもが就学している小・中学校にご相談ください
問合せ 学務課[市役所7階北側]
電話:0545-55-2868

解雇等により、居住している住居から退去しなければならない人または退去した人【支援】

名称など 市営住宅への一時入居
条件など 入居条件/
(1) 社員寮や社宅など雇用先から賃借等していた住居から退去しなければならない人
(2) 住宅手当等により居住可能だった住居から退去しなければならない人
(3) 解雇等により離職したが、失業等給付を受給することができず、現に居住している住居から退去しなければならない人
住居提供期間/最長1年
申請方法/住宅政策課または県住宅供給公社へ相談してください
※敷金は免除。連帯保証人は不要ですが、緊急連絡先は必要です。
問合せ 住宅政策課[市役所7階北側]
電話:0545-55-2843

県住宅供給公社富士出張所[市役所5階南側]
電話:0545-55-2817
関連リンク 新型コロナウイルス感染症の影響による市営住宅の一時入居について

チラシ版 新型コロナウイルス感染症に伴う主な個人向け支援情報一覧

新型コロナウイルス感染症に伴う生活支援などの情報を取りまとめたチラシを作成しました。
(掲載中のチラシは令和4年7月5日時点のものです)

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

シティプロモーション課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2700
その他:個別の支援策につきましては、表内の問い合わせ先へお願いします。

ページの先頭へ戻る