ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

新型コロナワクチンの3回目接種(追加接種)について

2021年12月20日掲載


※掲載情報は更新日現在のものであり、今後変更になる場合があります。

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の実施について、国から方針が示されました。
富士市においても、国の方針に基づき接種体制を構築していきます。

追加接種の目的

新型コロナワクチンを2回接種した場合であっても、接種後の時間の経過とともにワクチンの有効性や免疫原性(抗体の産生や細胞性免疫を誘導する性質)が低下することが報告されているため、3回目接種を行う。

追加接種の実施時期

令和3年12月1日から令和4年9月30日まで

医療従事者等で、令和3年3月または4月に2回目接種を終了した人は、令和3年12月から接種できます。

【例えば】 富士市の75歳以上の高齢者の開始時期

令和3年6月に2回目接種を終了した人は令和4年2月以降になります。

接種が可能になる日

2回目接種の終了した日から、原則8か月後の同日より接種可能です。
8か月後に同日がない場合は、その翌日の1日から接種できます。

(図)接種が可能になる日のイメージ

高齢者の接種開始は、令和4年2月からです

 医療従事者や65歳以上の高齢者などは、8か月を待たずに接種できるようになります。このうち、高齢者の接種開始は令和4年2月からです。
 なお、医療従事者等の接種については、12月から開始しています。

3回目接種の条件 対象者 接種開始時期
2回目接種日から6か月以降 医療従事者、高齢者施設等の入所者・従事者、通所サービス事業所
の利用者・従事者、入院患者
令和3年12月から接種開始
2回目接種日から7か月以降 65歳以上の高齢者

※現在の国の方針では、2回目接種終了日から7か月以降に3回目の接種ができるのは、令和4年2月以降です。
令和4年2月から接種開始
2回目接種日から8か月以降 上記以外で2回目接種を終了した人(18歳以上。基礎疾患がある人も含む) 令和4年2月から接種開始

接種対象者・回数

富士市に住民票がある18歳以上で、新型コロナワクチンの2回目接種を終了した人のうち、原則8か月以上経過した人に、1回の追加接種を行う。

接種費用

無料

使用するワクチン

  • ファイザー社製
  • 武田/モデルナ社製

 富士市では、1・2回目は職域接種を除きファイザー社のワクチンを使用していましたが、3回目接種ではファイザー社と武田/モデルナ社の2種類のワクチンが供給されるため、交互接種(1・2回目はファイザー社、3回目は武田/モデルナ社)も準備しています。主に、医療機関での個別接種はファイザー社、公共施設での集団接種では武田/モデルナ社のワクチン使用を予定しています。

1・2回目と違うワクチンを選んでも問題ありません。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

健康政策課新型コロナウイルスワクチン担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-9026
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:fujishi-vaccine@ex.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る