ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)

2021年12月07日掲載


接種証明書のデジタル化について

新型コロナワクチン接種証明書については、年内を目途にデジタル化の実現を図る予定であり、スマートフォン上で専用アプリから申請・取得し、表示できるようになります。
専用アプリについては、国が現在開発中ですが、申請にはマイナンバーカードが必要です。専用アプリや申請方法等の詳細は後日お知らせします。

マイナンバーカードは、申請から発行まで概ね1か月程度かかります。接種証明書(電子版)の取得を検討している人はお早めにマイナンバーカードの申請手続をお願いします。

なお、すでにマイナンバーカードを取得されている人についても、接種証明書(電子版)の専用アプリでの申請には、マイナンバーカードを取得する際に設定した4ケタの暗証番号が必要になります。暗証番号が不明な場合や、パスワードを間違えてロックされた場合の手続は以下のリンクをご参照ください。

海外渡航用の接種証明書(ワクチンパスポート)について

令和3年7月26日から、本市が発行した接種券で新型コロナウイルス感染症予防接種を受けた人のうち、海外渡航の予定がある人は、接種証明書(以下、ワクチンパスポートという。)を申請することができます。

ただし、国内においては、このワクチンパスポートがなくても、接種後にお渡ししている「接種済証」や「接種記録証」で接種の事実が確認できるため、海外渡航の予定がない人には交付できません。
また、申請日時点で本市に住民登録がある人であっても、他の自治体の接種券で接種している場合は、本市でワクチンパスポートを交付することができないため、該当する自治体に申請してください。

ワクチンパスポートの交付を希望する場合、次のとおり必要書類を送付してください。
申請日(郵送の場合、市に書類が到着した日)から8~10日程度で郵送します。

  • 原則として、即日発行はできません。
  • 接種事実の確認が困難な場合は、8~10日程度より長くかかることがあります。

対象者

富士市が発行した接種券を用いて接種を受けた人で、現に海外渡航の予定のある人
※医療従事者など、接種券付き予診票で接種を受けた人は、接種を受けたときに住民票のあった市町村で申請を受け付けます。
※引っ越しなどにより、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合は、それぞれの市町村に申請が必要です。
※国内においては、このワクチンパスポートがなくても、接種後にお渡ししている「接種済証」や「接種記録証」で接種の事実が確認できるため、海外渡航の予定がない人には交付できません。

申請受付開始日

令和3年7月26日

申請・交付方法

原則、郵送で申請を受け付け、その後郵送で交付します。

必要書類

  1. 新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書
  2. パスポート(旅券)の身分事項記載ページのコピー
  3. 「接種済証のコピー」または、「接種記録書のコピー」
  4. 請求者宛の返信用封筒(*返送先の宛名を記載の上、84円切手を貼付してください)

※3の「接種済証のコピー」または、「接種記録書のコピー」紛失した場合は、交付申請書に接種会場と接種日時を記載してください。

代理者が申請する場合、上記の必要書類に加えて必要となるもの(代理者が同一世帯員であっても必要となります)

  1. 「委任状」または「法定代理人の資格を証する書類」
  2. 代理人の身分証明書(運転免許証・保険証等)のコピー

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

手数料

無料

送付先

〒416-8558 富士市本市場432-1
富士市フィランセ(西館1階) 健康政策課 新型コロナウイルスワクチン担当

関連リンク

お問い合わせ

健康政策課新型コロナウイルスワクチン担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-9026
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:fujishi-vaccine@ex.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る