ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

公共交通を安心してご利用いただくために

新型コロナウイルスの影響により、市内の公共交通の利用者数は大きく減少しました。
現在、電車・バス・タクシー事業者は新型コロナウイルス対策に取り組んでいますが、利用者数が減少した状態が続いています。
公共交通サービスを維持していくためには、誰もが安心して利用できる環境を確保し、利用者数を回復させる必要があります。
そのため、『新型コロナウイルスにうつらない、うつさないために、今できる3つの対策』について、皆様にもご協力をお願いします。


公共交通を安心してご利用いただくための利用者へのお願いのポスター

京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授と藤井聡京都大学教授(一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議代表理事)の特別対談「電車やバス、タクシーは乗っても大丈夫?」のYouTubeをご覧ください。

電車やバス、タクシーに乗る際には何に気を付ければいいのか。ウイルスの感染メカニズムの解説を聞けば、意外と簡単な以下の3つの対策をしておけば、ほぼ大丈夫ということが分かります。

ポイント1 換気!

ポイント2 「目・鼻・口」は触らない!

ポイント3 会話は「マスク」をして「小声」で!

お問い合わせ

都市計画課(市庁舎6階南側)

電話:0545-55-2904
ファクス:0545-51-0475
メールアドレス:toshikei@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る