ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

令和3年度教育行政の方針


 富士市教育委員会では、「富士市教育振興基本計画」のもと、市民憲章の「共助・環境・教養・健康・規律」の精神を備えた「ふじの人」を育成するため、基本方針「一緒に学ぶ、一生学ぶ」に沿い、上記の基本目標を掲げ、教育施策を進めております。
 令和3年度は、新型コロナウイルス感染症対策である新しい生活様式を踏まえた上で、以下の3つの方針に基づき各種事業を実施してまいります。

方針1 新たな時代を見据えた教育基盤の整備

1 新学習指導要領に則った教育の充実

  • 主体的・対話的で深い学びの実現を目指した授業の推進
  • 持続可能な社会の担い手の育成を目指す視点を取り入れた教育課程の研究

2 小中一貫教育実施に向けた取組

  • 富士川第二小学校・富士川第二中学校で実施する小中一貫教育の推進
  • 中学校区ごとの小中連携を一貫教育へと深化させるための、連携推進員研修会等における中核的教員への研修と情報交換の充実
  • 学習指導の系統化を図る研究指定(元吉原小学校・元吉原中学校)

3 学校規模の適正化の推進

  • 富士市立小中学校適正規模・適正配置基本方針に基づく、児童生徒のより良い教育環境の検討

4 ICTを活用した学習活動の充実

  • 「GIGAスクール構想」により配備された児童生徒1人1台タブレット端末や電子黒板等のICT機器の効果的な活用
  • 中学校の全学級に大型提示装置を常設する追加配備の実施

5 地域とともにある学校づくりの推進

  • コミュニティ・スクール(学校運営協議会を設置する学校)の拡充(18→21校)
  • 社会に開かれた教育課程の推進
  • 地域学校協働活動の研究

6 安全な学校施設・安心できる学習環境の整備

  • 感染症対策のための保健衛生環境(消毒液や石鹸等の配置)の整備・維持
  • 自助・共助の意識を高め、実践力を養う防災・安全教育の推進
  • 施設一体型小中一貫教育の実施に向けた校舎建築等の実施(富士川第二小学校)
  • 長寿命化計画に基づいた校舎や屋内運動場等の改築・改修の実施(原田小学校、田子浦中学校他)

7 学校における事務業務の効率化と教職員の働き方改革の推進

  • 勤怠管理システムの活用、「業務改革プラン」に基づく校務整理、教職員の働き方への意識改革等による業務改善
  • 校務用パソコンの更新による事務処理の効率化の促進
  • 学校給食費の公会計化等に向けた検討

方針2 学び合い 学び続ける子どもの育成

1 心を育む教育の推進

  • 自他の生命の尊重や規範意識、情報モラル等の指導の充実
  • いじめ等の未然防止に向けた学級づくりと学校体制の構築
  • 道徳教育や人との関わり合いを通じた、多様性を認め合える豊かな心の醸成
  • 「魅力ある学校づくり調査研究事業」による不登校対策の充実を図るための調査研究(田子浦中学校区)

2 特別支援教育・外国人児童生徒への支援の充実

  • 特別支援学級サポート員の増員(42→45人)による個別支援の充実、小1教室・小2教室・親子読み書き教室による療育支援の充実(特別支援教育センター)
  • 特別支援学級の新設(自閉・情緒学級:神戸小学校、富士南小学校)
  • 通級指導教室(ことばの教室)の増設(富士第一小学校)
  • 外国人児童生徒の在籍学校や国際教室における個に応じた日本語指導等の支援の充実

3 児童生徒の学力の向上・健やかな体の育成

  • 教育研修の指導の重点にある目指す子ども像「学びを楽しむ」姿に迫る授業づくりの推進
  • 学力の定着を図るための放課後学習支援ボランティア事業の充実
  • 「富士市中学校部活動ガイドライン」による適切な部活動の運営と指導の充実を図る部活動指導員の拡充(7人→8人)

4 教職員への支援体制の充実

  • 外国語教育・情報教育の充実を図る研究指定(外国語教育:原田小学校  ICT活用:岩松小学校、鷹岡中学校)
  • プログラミング教育のハードとソフトの整備や、指導体制の充実
  • 静岡県教員育成指標やキャリアステージに応じた年代別研修の実施
  • 急速な社会変化と教職員のニーズに対応する自主参加型研修「アフター5講座」の充実
  • 共同学校事務室、執務室を中心とした学校事務の効率化の推進

5 魅力あふれる市立高校

  • 開校10年の実績に立脚した、より充実した探究学習やICTを活用した教育活動の推進
  • 個の特性を生かした夢や未来を拓く進路指導、新学習指導要領に対応した教育課程の研究
  • 人間関係の醸成を図り、社会形成能力の育成を目指した部活動の推進
  • 学校ウェブサイトや報道提供を活用しての教育活動の情報発信と中学生向け広報活動の充実

方針3 生涯にわたって学び続ける環境づくり

1 市民の学びのサポート

  • 図書館の利便性向上(様々なメディアを活用した情報発信の工夫、市民の自主的な学習を支援する多様な資料提供等)による、幅広い世代の生涯にわたる豊かな学習機会の充実
  • 教育委員会所管となる「まちづくりセンター講座」や「市民大学」等の生涯学習講座の充実による多様な学びの機会の提供
  • 地域の博物館(観覧無料)として、全世代に「見る・学ぶ・体験する」機会の提供

2 青少年の豊かな体験とかかわりの場の提供

  • 個に応じた支援と多様な学びにより社会的自立を目指す「ステップスクール・ふじ」の充実
  • 青少年体験交流事業「キズナ無限∞の島」、富士市・雫石町少年交流事業等の充実による青少年リーダーの育成及び新たな事業の在り方の検討
  • 青少年育成ボランティア養成講座等による青少年育成団体の活動支援及び指導者の育成
  • 若者相談窓口「ココ☆カラ」の事業推進とユニバーサル就労支援センターとの連携

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

教育総務課(市庁舎7階北側)

電話:0545-55-2865 
ファクス:0545-53-8584
メールアドレス:kyouiku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る