ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

新型コロナウイルス感染予防のためのごみの出し方について

2020年04月02日掲載

新型コロナウイルス感染拡大を予防するためのごみの出し方について説明します。

新型コロナウイルス感染予防のためのごみの出し方について

 ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合、ごみの出し方について、次のとおり対応をお願いいたします。
 ごみの処理は、市民のみなさまの生活を維持するために必要不可欠なものです。安全かつ安定的にごみの適正処理が行えるよう、ご協力をお願いいたします。

ごみは密閉して捨てる

 新型コロナウイルスの感染が疑われる人の、鼻をかんだティッシュや使用したマスク等については、すぐにビニール袋に入れ、密閉した上で、燃えるごみとして捨ててください。
 路上などへのポイ捨ては絶対にやめてください。

汚染物(おう吐物・ふん便)などを消毒した後の捨て方

 汚染物の処理時や部屋の清掃等を行う時は、次亜塩素酸ナトリウムを希釈した消毒液(おう吐物処理:0.1%、ドアノブ等の消毒:0.05%)で消毒し、布等で拭いてください。
 消毒した汚染物や使用した布等については、すぐにビニール袋に入れ、密閉した上で、燃えるごみとして捨ててください。

汚れた衣服やシーツ等は洗濯して出す

 新型コロナウイルスの感染が疑われる人が着用していた衣服や使用していたシーツ等を資源物(衣類・布団類)として出す場合は、一般的な家庭用洗剤を使用して洗濯し、完全に乾かしてから出してください。

参考リンク

お問い合わせ

廃棄物対策課(市庁舎10階南側)

電話:0545-55-2769 
ファクス:0545-51-0522
メールアドレス:ka-haikibutu@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る